コンテンツへスキップ

やっほー!

むく代表、唐津のみっちゃんです。

唐突ですが、

看護小規模多機能型居宅介護事業所(元は複合型と呼ばれていた)

って聞くと、どんなとこだと思います?

と言うか、書いてみると漢字ばっかり並んで「中国か?!」と突っ込みたくなるような文字列ですね(笑)

むくは、実は、

看護小規模多機能型居宅介護事業所

なんです。

今更ですが(笑)

看護小規模多機能・・・では

こんなキッチンで、ご飯作ったり。

90歳超えのばあちゃんの肩を、同じく90歳超えのじいちゃんが揉んでやってたり。

時には、子どもがわんさかいたり。

干し柿が軒先にたくさん下がってたり。

なんか、みんな好きなことしてるけど、これでも「看護小規模多機能型居宅介護事業所」なんです。

先日「看護小規模だから、看取りとか、そういうのがメインになるんやろ?」と聞かれました。

もちろん、いずれ看取りもできるように、利用者さんや家族さんから信頼してもらえる場所にしていきたいと思っていますが、そこを強調されると、なんか違う。

もしかすると、看護小規模って、何となく病院に近いイメージが世間では持たれているのかな?と思ってしまいました。

でも、ここは生活の場。

暮らしの場です。

むくの看護師は、患部を見ないで人を丸ごとみます。

人の後に、患部かな。

だから何でもします。

ほんと、何でも(笑)

お出かけして、落書きを手伝ったり(笑)

焼き鳥食べながら、子連れでお出かけも(笑)

もちろん、入浴や排泄の介助、ご飯作ったり、一緒に食べたり、飲んだり、歌ったりもしますw

要は、多方面から人を丸ごと看る事が大切なんですよね。

心も体も元気になってもらうよう、相手に接する。

できる事を見つけていく。

むくの利用者さんの中には、最初はずっとお泊まりだったのに、在宅で過ごせるようになり、通いベースになった方が何人もいます。

利用者さん本人が元気になったり、家族さんが自信をつけたり、家のご飯が恋しくなったり(笑)と、理由は様々だけど、本来の能力を引き出す事ができるのが

看護小規模多機能

なんじゃないかな、と思っています。

医療と介護とリハ。

全部が混在して、繋がっていないとダメな所。

私が看護小規模を選んだ理由は、ここかな。

と、これまた今更ながら思うのでした(^_^)


やっほー!

看護小規模多機能むくのみっちゃんです(*^_^*)

今日は、むくのみんなでファミレスへ。

利用者さんも、スタッフも、もちろんチビ達も、全員総出です。

朝の思いつきで行動しちゃう。

これぞ、小規模の良いところ!です(≧∇≦)

さてさて。

Sさん、いつに無く真剣な表情です(笑)

やっぱり、自分で「選択」「決定」ができるというのはヤル気を引き出します。

ただ出てくるものを待つのではなく、自分のことを自分で出来るという経験。

施設暮らしをしていると、この経験が少なくなってきちゃうんですよね。

この時間、大切にしたいものです。

やっぱり、自分で食べたいものを選びたいんですよね(*^_^*)

そして、Mじぃさん。

久しぶりのナイフとフォーク🍴

「お年寄りは和食」

という私たちの思い込みはかき消され、ファミレスでは、みなさん洋食です(笑)

今更だけど、病院勤務の時には外食なんて、考えられなかったな。

朝決めて、すぐお出かけなんて行動も、あり得なかった。

でも、これって普通の暮らしなんですよね。

外食したり、いつもとちょっと違う事をしたりすると、いつもと違う利用者さんの顔が見れたりします。

普段、なかなか食が進まない人が、自分からスプーンを持って食べ出したり、失行でスプーンやフォークといった道具がうまく使えない人がいつもより上手に使ってたり。

あれっ?!

という事が起きたりするのです♫

んっ?!

両手に花?!(笑)

もちろん、ちび達も楽しそうです(≧∇≦)

たまにの外食、そして外出。

良い時間となりました〜。

また行こう!


やっほー!

「自分らしく生きる」がテーマの、唐津のみっちゃんです!

今日はママハタトレーナーのブラッシュアップ講座でした。

最近、コーチングセミナーや、今日の講座など、自分と向き合う事が多く、改めて

「自分らしく生きる」

「赤ちゃん」

「ママ」

「高齢者」

「介護」

などのキーワードが、何故自分の中で大切なのかってことを考えてみました。

なぜ、むくをやりたかったのか。

なぜ、赤ちゃんとママ、高齢者なのか。

なぜ、自分らしくなのか。

そしたら、子供の頃の自分と母親がフラッシュバックの様に私の中に出てきました。

母は、私に

「あんたを育てる為に、自分の人生を捨てた」

のような事を言った事があって、私を夜の託児所に預けて働いていたのも、田舎の祖母のところに私を預けていたのも、仕方がなかったと言っていました。

生きるためだった、と。

一生懸命育ててくれたことには、感謝してる。

でも、それを子供のせいにされたのは、子供ながらに傷ついて、私は親の前で泣いてはいけない、自立しなきゃと思い、甘えられない子になっていったんです。

お母さんは私のせいで苦労してる、私のせいで幸せになれない、私のせいで・・・って。

私がいなかったら、幸せになれたのかな、って。

化粧品の匂いが嫌いなのは、小さい頃、母が仕事に行く時の匂いだったから。

自分らしく生きる、生きて欲しいのは、母のように子供のせいにして人生を諦めるなんて事をして欲しくないから。

赤ちゃんだった私は、きっと、母を求めてた。

母に私のことを見て欲しかったんだよね。

置いていかないでーって、叫びたかったんだよね。

今、目の前に小さい頃の私がいたら、ぎゅーっと抱きしめてあげたい。

ちょっと重い話になっちゃったけど、きっと私の「自分らしく」とか「赤ちゃんと一緒」とかは、私の人生にかけてた事なんだね。

「自分」を押し殺してきた子供時代。

良い子を演じてた小学生時代。

悪い子になってた中学生時代。

親に頼らず生きていこうと決めた高校生時代。

しっかりしてるように見えるのは、そう見せなきゃいけなかったから。

強く見えるのも、強くなきゃいけなかったから。

でも、本当の私はもっと甘えたかったし、もっと泣きたかったのかもしれないなー。

今、高齢者も、赤ちゃんがいるお母さんも、そのまたお母さんの世代も一緒にいられる温かい場所ができてきた。

私が私らしくいられる場所。

もちろん、まだまだ本当に目指しているものには辿り着いていないけど。

それでも、周りに支えられて、私は今ここにいる。

原点は、母。

むくのみんなも、ママハタのみんなも、みんなが自分を大切に、まずは自分を愛して欲しい、そう思う。

そして、人のせいにして自分の人生を諦めないで。

そう、昔々の母に伝えたかったなー。

読んでくれてありがとう。

みっちゃんの話、でした。

母、まだまだ元気です。

もしかすると今、「自分らしく」自分の人生歩んでるのかもね(*^_^*)


やっほー!

今日は3男なおちんの風邪で、自宅軟禁中の唐津のみっちゃんです。

季節の変わり目。

風邪、流行ってるからねー、みなさんもお気をつけてくださいね(*^_^*)

という、むくの利用者さんやスタッフの子供達にも風邪や発熱症状の人が少なくありません。

風邪は万病のもと。

しっかり治療して、元気になってくれますように。

なおちん、風邪引き真っ最中だけど、食欲だけはあります(笑)

実は、先日むくの利用者さんが入院になりました。

訪問看護や、介護で関わっている方です。

熱がある、サーチレーションが低い、呼吸が苦しいなどの訴えで、ナース判断で救急車を依頼し、病院へ。

施設で働くナースは、この決断をする責任があります。

このくらいなら、むくで様子をみましょう。

このくらいなら、在宅でも大丈夫。

ご家族に、助言をしたり、スタッフに指示を出したり・・・。

ナースは、医療機関とのパイプ役という大切な役割も担っています。

看護小規模多機能事業所である、むくではナースの存在は不可欠です。

私が今までやって来た作業療法士という仕事は、暮らしをよくする、人生をよくする仕事だと自負してるけど、生死や病気、怪我と直面することはありませんでした。

ナースは、もっと、シビアな部分を看ることができる。

素直に尊敬します✨

そして、施設ナースの大切な役割は「介護職の支えになること」だとも思います。

「ナースがいる」という安心感。

お母さんがいると伸び伸び遊べる子供のように、ナースがいると安心して、伸び伸び仕事ができるのだと、思います。

専門性は、いつも必要なわけではないけれど、いつでも発揮できるようにしておくことが大切。

専門性をいつも前面に出すのではなく、根幹に持っていて欲しい。

そう思います。

手前味噌ですが、先日のナースの判断と行動にはシビれましたw

ナースのお仕事としては当たり前なのかも知れないけれど、施設ナースには、病院ナースとはまた違った重い責任があるのだな、と思います。

病気を踏まえ、しっかりと暮らし、生活をみながら、アセスメントをすること。

病院が治療の場であれば、施設は暮らしの場。

病気の治療だけでない、暮らしを継続していくために必要なアセスメントをし、ナースの視点から、その人の生活を支えていく。

こんなことが、施設ナースの役割なのかな、と思っています。

そして、時には一緒にバカな事もしてくれる(笑)

ナースのお仕事、かっこいいです(*^_^*)


やっほー!

看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

先日、地域の町のイベントにむくの利用者さん共々参加させていただきました。

グランドゴルフ大会~からの、バーベキュー!

場所は、むくから歩いて数分の地域の公民館前広場。

その昔(といっても1年もたってないけど)、ここで「むくの建築説明会」を開いたことが思い出されます。

めちゃめちゃ緊張して、うまく説明できなかったな~。

いろいろな意見が出て、凹んだ瞬間もあったっけw

今やいい思い出でだけど(笑)

バーベキュー会場は、所々に、コンテナがひっくり返されただけの椅子。

ドラム缶を二つに切って作られたバーベキューコンロ。

老若男女入り乱れて、ここには無縁社会は無いな、と思わされる集まりです(*^_^*)

ちょっとぐらいよかよね~!

と、ビールを注いでもらいご満悦w

青空の下で飲むビールは格別だよね♪

ほんと、美味しそうに飲む!!(笑)

で、こちらは、美味しそうに焼けてる!!(笑)

遠慮なく、参加させてもらったら、、、、

くじ引きまで当たっちゃった~!(≧▽≦)

ほんと、初めてお会いする方が多い中、温かく受け入れてもらって感謝感謝です。

素敵な町。

ここにむくを作ることができて、本当に良かったと思う。

「事業所に来てもらう」という地域交流もありかもしれない。

でも、こうやってこちらから押しかけていく交流の方が、本当の意味で「地域に混ざる」に近づけるのではないかと思う。

カンタキは、地域密着型サービス事業所。

孤立しちゃダメ。

だから、これからはどんどん出かける機会を増やしていきたいな(*^_^*)

頂いたみかんを食べる時間も、またいい時間。

この時間が、なんとも平和でいいのです♡