コンテンツへスキップ

『女だから無理』は思ったことが無かった

本音で書くと言ったからには、ありのままの私を出していこうと思う。

読んで、引く人もいるかもしれないけど(笑)

あ、でも、まだまだ超小出しよ。

ってことで、とりあえずの自己紹介。

生まれは福岡。

幼少時代の育ちは対馬。

とても男の子っぽい女の子で、中学生になって制服を着るまではスカートを履いたことがなかった。

スースーするし、女の子に見えるし、面倒くさいって思ってたね。

遊ぶ内容が限りなく男の子寄りで、男の子と遊ぶことが多かったから、男子の中の女子より、男子に見えてた方が楽だったんだね(笑)

「ぼく~」って言われて、最初のころは『女!』って訂正してたけど、だんだん面倒くさくなってそのまま返事してたり(笑)

さすがに、20歳くらいになって居酒屋でバイトしてる時に『兄ちゃん!』って呼ばれたときは『どこ見とるん!おっぱいあるやろ!!』ってゴリラポーズで言い返してたけど(笑)

負けず嫌いで、男の子に負けるのが嫌だったのかもしれない。

その性格はずっと続いてて、高校生になったらバンドして、16になったらバイクに乗ってみたり、大人になってからはスノボにウェイク、カイトサーフィン、海外でバックパッカーしてみたり。

まぁ、何にしても『女だから無理』なんてことは思ったことがなかったよ。

この辺は、また小出しに書いていこうかな。

9d81c7e2626b7989df2b74538ff21f18_407f27a26de4d154f93b807bb3c3fff0

人と群れるの大好きだけど、独りでも全然平気。

独りでいると新しい出会いがある。

それがたまらなく魅力的だった。

オーストラリアでヒッチハイクもやった。

「女の子が危ない!」

なんてことを思ってたら、何もできない。

海外を旅しながら『命まで狙われることはないやろ。生きてたらどうにかなる』って思ってた。

『先のことを考えるより、今を楽しまなきゃ』

ってね。

今考えると、無謀すぎ?(笑)

私に振り回された周りの皆さん、今更ですが、ごめんなさい(-_-;)

9d81c7e2626b7989df2b74538ff21f18_407f27a26de4d154f93b807bb3c3fff0

でもね。

女であることは嫌いじゃなかった。

男の子みたいなことをしてきたけど

『いっそ男になりたい!』なんて思ったことはないんだよね。

きっと、私の母が『女の子なんだから!』ということを一切言わずに、自由に育ててくれたからだと思う。

女だってできる!ということを証明したかったのかもしれない。

だから、男の子っぽい女をやってきた。

「このギャップがいい!」って、私に惚れてくれた人もいたっけな(笑)

そして、子供を産んでからは母性爆発!

自分にこんなに母性があったんだって、子供たちが教えてくれた。

母親になるって素晴らしい!

ほんとに。

あぁ、もう、全然自己紹介じゃない(^^;)

こんな感じだけど、ちょっとづつ私を知ってもらうのも、ま、いっか。

じゃね♪


公開日 カテゴリー みっちゃんのこと

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です