コンテンツへスキップ

私の天職(作業療法)っていうのはね

752151a53ba701fa8c9afc2233a0a5f2_cf737352aab6f0b4e39e015f99d3f8ee

作業療法士になって、かれこれ20年超。

『これは私の天職だ!』と思ってきたし、今でも、そう思ってる。

だから「むく~施設っぽくない大きな家」を作っても、作業療法士は続けていきたい。

仮に施設代表をやったとしても、心は作業療法士でいたい。

でもね。

作業療法が何なのかってのは、実はあまり知られていない。

作業療法?

『あ~よく机とかで折り紙したり、ぬり絵したり、あ、編み物とかもするんだっけね?

とにかく、そういう作業するやつでしょ?』

なんて風によく言われる。

でも、作業療法ってのはそんなもんじゃなぁーい!!

作業療法で言う『作業』は、生活そのもの、人生そのものなんだなぁ。

その人の人生をよくするための活動や、手段、関わり全てが作業療法だったりする。

言うなら、作業療法士がやることは全て作業療法だと私は思ってる。

対象者の方と一緒に畑仕事をする。

喫茶店でコーヒーを飲む。

折り紙を折る。

料理をする。

お風呂に入る。

着替えをする。

猫に餌をやる。

歩いたり、車椅子に乗る。

筋トレ、ストレッチ。

住宅改修。

自助具製作。

ダンス♪

片手で魚釣りをする。

犬の散歩。

とか

とか

とか

その人の人生に必要な課題を見つけ、解決して、その人の人生が豊かになるためなら、何でもやりまっせ~!

それも、当然ながらリハビリなので『やってあげる』ではなく、本人ができるように指導したり、工夫を凝らしたり、練習したりするのが私たちの役目。

リハビリはやってもらうんじゃない、自分がするものだからね。

そう。

作業療法は、介護と同じく『自立支援』なのよ。

ついでに言うと、作業療法士は、もっと介護に近い存在じゃないといけない。

介護ができない作業療法士は、生活が見れていないのと一緒。

生活を見れない作業療法士は、作業療法士の資格なし!

そして、生活がずっと続いて人生があるわけで、人生に真っ向から関わらせてもらう仕事が作業療法だといえる。

その人が、少しでも楽に生活できるように。

その人が、少しでも生き生きと暮らせるように。

その人が、その人らしくいられるために。

作業療法士は、ありとあらゆる手段を使って「その人」と関わっていく。

寝たきりで床ずれがある方には、少しでも呼吸が楽になるように、床ずれが無くなって痛みが無くなり、気持ちよくなるようにと、姿勢調整を試みたり、環境を変えたり、関わる人・スタッフに介助方法を指導したりする。

旅行が趣味だったけど(何らかの障がいを持ってしまいいけなくなった)・・・という方とは、歩く練習、乗り物に乗る練習、自分で計画立てて、スケジュールを作り、金銭管理をする練習なんかもする。

障がいを持ってしまっても、あなたが思うより、まだまだできることがいっぱいあるんだと知ってもらいたい。

そのために、ありとあらゆる方法を試み、様々な手段を用いて関わっていく。

これが、私が思う作業療法士の仕事。

決して、机上作業だけじゃないし、関節運動や筋トレだけでもない。

人の人生にどっぷり関わらせてもらう仕事。

それが、作業療法。

だから、私は、一生作業療法士をやっていく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です