コンテンツへスキップ

仕事は楽しい方がいい

作業療法士なのよ、私。

でも、いろいろな仕事もやってきた。

ニュージーランドのスキー場では、スノーボードのレンタルとメンテナンスをやってた。

もう、15年くらい昔だけどね。

685af8ef07cb2735eabb66ae9c3acced_3701303cf40b7ee926ac9d51a2da5277

作業療法士という仕事は天職だと思ってたけど、働き始めて5年経った頃、ちょっと違うこともやってみたくなったんだよね(笑)

だってね。

人生いろいろな経験をしてみたいじゃない。

好奇心の塊のような人間なので、あちこち見て、聞いて、体験してみたかったんだよね。

人生に関わる仕事だもん、いろいろな人生経験必要でしょ(と、言い訳(笑))

でも、若い時はたくさんの、いろいろな種類の経験をしておくべきだと思う。

若者には広い視野を持って、世界は広いんだ、自分は世界の一部なんだってことを知って欲しい。

自分の中の大きな悩みも、とても小さなことに思えてくるから。

スキー場では、毎日いろいろな出会いがあった。

世界中から『ここで働きたい』って人が集まってきてたから、面白かったよ~。

自国であるニュージーランド人より、異国の人の方が圧倒的に多かった。

スイス、オランダ、アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス・・・。

そして、私、日本人。

決して英語が完ぺきだったわけでもないので、ボディランゲージでどうにかやってた(笑)

仕事の面接の時は、質問されてる意味がわからず、とりあえず

I can do it!

と笑顔で繰り返したっけ(笑)

よく、合格させてもらえたもんだと、今更思う(笑)

でも、何とかなるもんで、できないことは周りがしっかりフォローしてくれてたし、逆に私は私にできること(日本人のフォローなど)をしっかりやるようにした。

それでいいんだと思う。

仕事ってのは、独りで全てを完ぺきにしなくても良いんだよね。

頼れる勇気というのも、必要だから。

人に頼ることができると、頼られる人にもなれる。

6070478ee90b991ef1fb37ebbacaf24b_16aeb29bff5ce5fab658950d2a02d732-1

週末の夜には「JAG NIGHT」という飲み会があった。

そこで、その週に失敗した数が一番多い人がビールをおごるというシステム。

職場の壁にみんなの名前が書いてあって、そこに失敗したらみんなに書き込みされる。

『みちこ:4月1日 昼寝して遅刻!1JAG!(*´з`)』

みたいな感じ。

でも、これって書き込まれても、そこまで嫌じゃなかったんだよね。

みんなの仲間でいられることが嬉しくて、失敗も笑い(=ビール)に変えられて、しかも次は頑張ろうって思える仕組みというか。

責任者に怒られるより、よっぽどよかった(笑)

ちなみに、ここで出会った仲間とは、今でもFBで繋がってる人も多くて、私の人生の宝物になってるよ。

仕事はいい加減ではいけない。

良い加減はOK。

楽しくなくちゃ続かない。

楽しいと思えるかどうかは、自分次第でもあるけれど、そこのリーダーや責任者次第でもある。

楽しいと思える職場づくり。

ここが、これからの私の課題でもあるかな。

じゃ良いGWを!


公開日 カテゴリー みっちゃんのこと

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です