コンテンツへスキップ

私は私の時間で生きる

ニュージーランドでバックパッカーをしていた時の話。

隣のベッドで寝ていた、どこかの国のお姉さん。

午前11時になっても起きないし、だらだらしてるなぁこの人、と思って声を掛けてみた。

だって、せっかく旅をしてるのに、いつまでも寝てるってどうよ?って思うじゃない?

もうすぐ昼だよ。

起きて、何かしなよ。

って。

Are you still sleeping?

まだ寝てんの?

帰ってきた言葉は

No reason to wake up.

別に起きる理由ないやん

ま、そうだけど。

もうすぐ昼よ?寝てるなんてもったいなくない?

あ、そっか。

私の中で『昼近いんだから起きなさいよね』って見知らぬ人にでも思っちゃってたのね。

別にいいじゃんね、寝たいんだから、寝かせときなよって話なのにね。

どうでもいい、小さなことだけど、この時をきっかけに『自由』は人に邪魔されちゃいけないって思うようになった。

自分の時間だもん、邪魔されずに、好きに使っていいじゃんね。

日本人は、気を遣う人種だから、つい『周りの人に変に思われないかな?』とか『周りの人に迷惑かけないかな?』とかを無意識に思ってしまう。

私も、日本では、そう。

周りにどう思われようと、私は私なのに、これでも人の目は多少気にしてる。

でも、ニュージーランドにいた時は、人に愛想笑いしたり、気を遣って「NO」を「YES」と言ったりすることがなかった。

周りがそうだから、自分もそうなる。

気を遣うなんてことをしない人達。

一番は自分。

嫌なものはイヤ。

好きなものは好き。

誘われて、行きたくなければ行かないし、行きたければ行く。

『今日は、ダラダラしたいからいかな~い』もあり(笑)

見方によっては、単にわがままなのかもしれないけど、それが許されてた。

でも、これって、とっても楽。

自分が自分らしくいられる。

実は、今の私もそれに近い。

多少の迷惑はかけてるかもしれないけど、大きな迷惑はかけてないはず・・・。はず。

自由人復活!(`・ω・´)

22402a1a6f1b0a508615d16664fbd873_1cb563c0e05304a74291a037fc1d736e

今日は、ステキな人とデートした。

和食狙いで行ったのに、なぜかカレーとジャーサラダを食す羽目になった2人。

話すのに夢中で、カレーが冷たくなってしまったよ(;'∀')

彼女には、失礼ながら久しぶりに自分と同じにおいを感じた。

で、会うの3回目にして、家に連れ込んでしまったw

自分の人生に必要な人は、すぐに連れ込んでしまう癖がある(笑)

でも、私の直感は間違いないのだ!(ΦωΦ)

 


公開日 カテゴリー みっちゃんのこと

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です