コンテンツへスキップ

子供たちには、こんな父親でいてほしい

こんばんわ!

よく男みたいな手だねって言われる、MUKU代表、唐津のみっちゃんです。

父親について、考えてみました。

前にも書いたけど、私の実父はどこにいるのかわからず、幼少期に別れて以来、一度も会ったことがありません。

2番目の父も、もう他界しています。

子供のころは、父親と過ごした記憶がないので、父親がどうあるべきとか、どういう父親が理想とか、そういうのがありませんでした。

でも、子供たちにとっての父親には、こうあって欲しいという理想みたいなものはあります。

父親は、子供たちに・・・

母親にできない遊びを教えてほしい。

ちょっとくらいリスクがあっても、大丈夫だよって見守って、やり遂げる勇気をもたせて欲しい。

遊びに行ったときは、思い切り体を使って、一緒になって遊んでほしい。

あれダメ、これダメは私が言うから

『それくらいいいさ~!』って言ってほしい。

私が叱ってたら

『いいやんか、それくらい』って、子供の味方になって欲しい。

子供たちが小さい頃は、外でたくさん遊ぶことを教えてね。

子供たちが10歳を過ぎて、思春期に差し掛かってきたら、子供たちの意見をしっかり聞こう。

もう、自分で考えて行動できる歳だもんね。

その内、反抗期も来るんだろうけど。

そんな時は、信じて待って。

子供たちのやりたいことを、心から応援してほしい。

頑張れ!って、背中をたたいてやるだけで良いよ。

本当に危険なことをした時だけ、本気で叱ってください。

男の子だもん、少々悪いくらいでいいけどさ。

自分、他人に危害を加えないようにだけは、教えてほしい。

それ以外は、自分たちで道を作っていけるよう、時々支えになってあげればいいと思う。

母親は、海のような大きな愛で子供たちを包むから。

父親は、大地になって、道を作る土台となって下さい。

そんな父親と母親でありたいな。

今は、まだ全然だけど。

明日も笑顔でいきまっしょ~♪


公開日 カテゴリー つぶやき

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です