コンテンツへスキップ

施設っぽくない大きな家!

やっほー!

家を建ててもうすぐ3年。

住宅ローン控除が全く無意味な自営業、MUKU代表みっちゃんです♬

私、こんな家に住んでます。

平屋です、一応。

中は、こんな感じ。

多分、前にも登場してる写真。

人がたくさん入ると、こんな感じ⇩

懐かしき、ホームパーティー♬

40人以上来ていただいたっけ(笑)

日暮れのウッドデッキも、くつろぎの場所。

何の話かって?

今、施設っぽくない大きな家【むく】の内装やら、外観やらを打ち合わせしながら、考えているのだけど、やっぱり、家に求めることは、温かみだったり、くつろぎだったり、安らぎだったりするんだよね。

マイホームを建てる人たちも、きっとそうだと思う。

家族団らん、笑顔、子供たちの笑い声。

そんなイメージが、家には必要。

私は、高齢者施設を作ってるけど、施設っていうより、イメージは大きな家なんだよね。

ただ、そこに集まるのは家族ではない。

いろいろなところから、いろいろな個性(障がい、家庭事情、性格?)をもった人たちが集まってくる。

小規模とはいえ、利用者15人+スタッフが、一緒にご飯を食べたり、一日一過ごしたりする。

この、環境をどうするかって、すごく大事だよね!

ピカピカの、靴を履いてないと落ち着かない床は避けたい。

何にもない、無機質で、機能性ばかりを重視したものに囲まれても落ち着かない。

施設っぽさをできるだけ無くした、あたたかな家を創りたい。

血は繋がってないけど、親子じゃないけど、家族みたいな。

そんな場所。

利用者も、スタッフも、それぞれが、自分らしくいられる場所。

そして、地域の中に溶け込む・・・。

豪華な建物である必要はなく、高価な家具も必要ない。

でも、なんか心地いい。

ということで!(急やけど(笑))

壁は、クロスをやめて、塗装にします!

調湿してくれて、においも取ってくれて、体にいいという、ローラー塗りの塗装にします!

でね。

素人でも塗れるそうだから、その時はお手伝い大募集しちゃいます(^O^)/

むくの建築に関わってみたーい!

壁塗り、やってみたーい!

という方、来てね♡

じゃ、今日も笑顔で生きまっしょ~~~~~~~~~~~♬


公開日 カテゴリー MUKU, みっちゃんのこと

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です