コンテンツへスキップ

生まれてきてくれてありがとう

やっほー!

今日ばかりは親バカ全開の、MUKU代表、唐津のみっちゃんです。

昨日、9月17日に三男の波音(なおと)が、1歳になりましたヾ(*´∀`*)ノ

なおちん、おめでとう!

この子が、お腹の中にいるときから、私の人生はめまぐるしく動き出しました。

怒涛。

うん。怒涛の1年だったなぁ~。

あ、今も続いてますが(笑)

ママハタに出会ったのも「看護小規模多機能むく」が開設に向かったのも、なおが私の元に来てくれたからと言っても過言ではないです。

なおが生まれなかったら、ママハタなんて存在すら知らずに過ごしてると思うし、今頃は元の職場に復帰して、病院という狭く、いろいろな制約のある限られた空間で働いてたと思います。

決して、病院での作業療法士という仕事が嫌いだったわけでもないし、職場の人間関係も恵まれてたし、子育てしながら働くにもとても良い場所でした。

それでもね。

やっぱり私は夢をあきらめきれなかったんです。

飛び出したかったんです。

そして、その夢の後押しをしてくれたのが、ママハタ。

子供がいるからこそ、やれることがある。

子供がいることを理由(言い訳)に、夢をあきらめる必要なんてない!

そんな風に教えてもらいました。

ママハタのメンバーは、みんな子連れ。

子連れだけど、とってもイキイキしてるし、子供と一緒になんだってやってる。

そんなママ達を見てたら

私にできないわけがない!

ってね。

単純だから、そう思っちゃったんです(笑)

はやちんの時は「子供が小さいうちは、施設開設なんて無理だもんね、普通にサラリーマンしてよ」って思ってたのにね。

なおが、いろいろなチャンスと、出逢いを運んできてくれたんだなぁって思います。

男ばかりの佐伯家。

なおちんは、初めてのトマトにしかめ顔ですが(笑)

これからも、私の良きパートナーとして付き合ってくれることと思います(´艸`*)

この笑顔があれば、世の中、なーんにも怖いものなんてない!

子供たちは、私に勇気を与えてくれます。

この子たちがいるから、できる!

さ、これからも、笑顔で生きまっしょ~~~~~~~~~~~♬


公開日 カテゴリー みっちゃんのこと

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です