コンテンツへスキップ

親の人生・子の人生

昨日、1週間のオーストラリア滞在を終え、日本に帰ってきました。

思えば、一度も外食をせず、一度も米を食べていない(^_^;)

気が付けば「Oops!!」とか自然に口から出るようになってるし(笑)

今回、オーストラリアに行った目的はトーマのルーツを探る旅。

要は、父親とおばあちゃんに会いに行く旅。

そして、自分の半分故郷のオーストラリアがどんな国かを知る旅。

私にとっては元夫のトーマの父親、そして実は初めて会うトーマのお婆ちゃん。

トーマの横にいる彼が父親ですw

日本だとね、元夫とか元姑とか、普通に考えたら元嫁と仲良くは無いよね。

でも、親戚として私たち3人丸ごと受け入れてくれたAnne。

もうすぐ77歳だというのに、車は100キロでかっ飛ばすし、ゴルフ行ってくるわ~♬と軽く出かけるし、毎晩晩酌ワインは欠かさないし、よく食べるし、よく笑うし、良くしゃべる!

すごくステキな人です♡

そして、トーマの父親マイケルは、本当に自分がしたいことをするため、山に住み、小屋を建て、電気もガスもない生活をしているそうで(;'∀')

版画家で、ドラマー。それだけで生計を立てている人。

なんというか、本当に自由で、自分らしく生きてる人たち。

細かいことにはこだわらない。

元嫁?
英語が喋れない?(トーマ)
お金がない?

It's doesn't  matter!

(そんなことは、問題ない)

と、軽く言う(笑)

両手いっぱい広げて受け止めてもらったトーマは、心からオーストラリアでの1週間を楽しんだようで。

全く会話にならない父親ともあちこちに出かけ、全く会話にならないなりに、それこそ、エンパシーを使ってコミュニケーションしていたようです。

(こんな写真をupしたら、今父が気を悪くするかな?とも思ったけど、きっと心広く受け止めてくれると信じてますw)

こちらは、4歳年上のいとこのCoen(身長190cm!)

学校に同行させてもらって、一緒にバスケをし、おやつを食べたとのこと。

とってもいい子で、この子は反抗期なんかないんだろうなぁなんて思ったり。

トーマが、こんなに嬉しそうに笑う姿を久しぶりに見たようにも思えて。

日本で生活をさせてしまっていることすら、申し訳なく感じたりもした。

言葉じゃないんだよね、言葉がなくても、心って通じるんだよね。

そして、ランチ会をしよう!と、親戚一同が集まってくれた。

トーマのおじさん、おばさん、いとこたち。

(おばあちゃんのお兄さんは、何になるんだ?)

16歳や19歳でも、普通に一緒に来てくれる。

『友達と約束がある~』なんて言って家族と行動するのを避けたりしない。

家族が一番大事!という雰囲気が伝わってくる。

日本に足りない何かを見た気がしたなぁ・・・。

そして、トーマはそんな温かな雰囲気にすっかり魅了され、オーストラリアの学校に行ってみたいとも。

もちろん、日本の友達や家族と離れ離れになることは嫌だそうだけど。

でも、自由な校風、のびのびとした環境。

上級生や友達に「外人!」ともちろんバカにされることもなく、親に細かいことで小言を言われることもない(笑)

トーマにはオーストラリアが合っているのかも・・・。

そして、何とオーストラリアは学費がただ!

就職してから、働いて学費を返すらしい。

これは親にとっては、いいシステムだよね(日本も見習ってくれ~)

でも、もちろん、全てを決めるのは自分自身。

トーマにとってすごくいい経験になるとは思うし、人生が豊かになるとも思う。

でも、やっぱり決めるのは自分なんだよね。

私の人生じゃない。

トーマの人生はトーマのものだもんね。

12歳の小さな頭に、難しい難問を振りかけてごめんね。

私は、息子をいつまでも自分の傍に置いておきたいとは思わない。

そりゃね、いなくなったら寂しいよ。

でもね、

同じ地球人。

1日あったら会いに行ける。

そして何より今は、スマホやパソコンでいつだって会える!

SNSで生活の様子も見れる!

1年くらい会えなくたって、大丈夫。

そう思えるんだ。

どんな選択をして、どんな結果を出すのかは、まだ時間がかかるかな。

でも、私は何があってもトーマの味方。

第一の応援者。

ファンクラブは他の人に譲るけど(笑)

そんなわけで、トーマの人生も変革の時!


公開日 カテゴリー つぶやき

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です