コンテンツへスキップ

進化し続ける施設っぽくない大きな家

やっほー!

毎日が刺激的!人間大好き、唐津のみっちゃんです♬

今日は、これから看護小規模多機能【むく】の説明会パート2です。

むくに興味がある方、むくで働いてみたいなぁって、ちょっと気になってる方、取りあえずみっちゃんがやるなら話を聞いておこうと思ってる方。

そんな方々に来ていただけそうです(*^^*)

写真は父ちゃんと、三男なおちん。

むくの屋根の上です(笑)

644bae9b904a6c6bf5af53d757ab8dce_4d46d017a554435a57cbbc3cfcc8abb2

こんなことが許されるのも、父ちゃんが大工で、むくを建てる仕事に関わらせてもらってるから。

そう。

むくは、ハウスデポ唐津さんに建築依頼をしていますが、主人も大工として関わらせてもらってるのです。

だからね、毎日、いつでもどこでも、打ち合わせができる(笑)

玄関の床材どうする?

入ってすぐに下駄箱、つかまるところがあった方が良いよね?

カウンターには、何を置く?

金魚おくならこの広さだよね~?

キッチンの高さは?

振り返った時のスペースは?

座って作業する人もいる?

収納は何入れる?

色は?

形は?

誰が使うの???

ドアの取っ手は四角でもいい?

太さは?

通気はどのくらいあった方が良い?

開けるときの抵抗は?

ここ手すりいる?

高さは?

などなど。などなど。

数え上げたら、きりがない(笑)

毎日、毎日、一つ一つ。

答えを出して、決定して、進めています。

でも、意外と多いのが

『使ってみて、必要だったら付け足そう!』

って答え。

そうなんです。

使ってみなけりゃわからないことが、たくさん!!

でも、ラッキーなことに、むくには専属大工さん(笑)がいますw

そして私は、住宅改修を得意とする作業療法士(*^^)v

ベストパートナーなことに気付いちゃいました。

たぶん、むくは、我が家同様・・・

進化し続ける施設っぽくない大きな家になりますよ!


公開日 カテゴリー MUKU

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です