コンテンツへスキップ

地域に溶け込む

やっほー!

しばらく体調崩してたけど、お陰さまで、いい感じにパワーアップしている、唐津のみっちゃんです!(≧∇≦)

むくは、こーんな感じに進化してますよ〜♬

外観〜。
まだ、大きな変化はありません(笑)

中は、こんな感じ〜♬

壁ができる前の、骨組み状態。

こんな場面を見ることも、なかなかないだろうから、貴重です?

で、今日はここで、トイレの位置やら、洗面台の位置を、キッチンの配置なんかを旦那とチェック。

図面上ではわかりにくいことも、現場なら想像しやすい。

なんと、外には滑り台とジャングルジムが!
まだ、本設置ではないけど、近所の子たちが楽しみにしてくれてるみたい(*^_^*)

こういう光景が、嬉しいよね〜。
そうしているうちに、ご近所さんが、声をかけてくれました。

『ちょっと、寄ってかんね!牡蠣焼くばい!』

とーっても気さくに、声をかけていただいて、まーったく遠慮なくお邪魔しちゃいました(笑)
実は、声を掛けてくれたのは、先日の近隣説明会で『防音はどうなってるんだ?!』と、色々と突っ込んで立腹気味に聞いてくれてた方。

ぶっちゃけ、一番怖かった人(^_^;)

でも、なんだか、きっと分かってもらえると思ってたし、気持ちのいい人だって思ってた方。
だから、声を掛けてもらえたのは、とっても嬉しくて。

ふたつ返事で「はい!遠慮なく!」と(笑)

そして、お邪魔したのは、ビニールハウス!

中、こんな!!

すげ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

ここ、ビニールハウスだよ!

外から見たら、まさか、中がこんなことになってるなんて思いもしない!

焼き芋焼くための窯、あるし!!(笑)

超ホクホクのお芋出来るし!(≧∇≦)

もうね。

涙が出るくらいありがたく、嬉しい言葉をかけてもらいました。

『みんな、歓迎しとるけん!何かあったら、いつでも言ってきてよかよ!!全力で応援するし、頼ってくれていいから!』

『地域のみんなが集まれる、あったかい場所を作ってな』

遊びに来て下さい!って声を張り上げて言ってたのを聞いて、よかった!!って思ったんだよ、よか人が来た!ってな』

私が、餅まきの時に挨拶をしたのを聞いて、それを覚えてくれていたとのこと。

本当に嬉しくて、本当に、この場所でよかった!って、感動(T_T)

このビニールハウスも、子供から老人まで、いろいろな人が集う場所にしたいって、作られたんだそう。

なんだ、全然、怖い人じゃなくて、想ってること同じやん!

すごい、素敵な人やん!

むくは、無縁社会とは程遠い、地域にどっぷり溶け込んだ、縁の濃い場所になりそうです(≧∇≦)


公開日 カテゴリー MUKU

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です