コンテンツへスキップ

赤ちゃんって、ママってやっぱりすごい

やっほー!

自分らしく生きるために、自分らしく生きる人たちを、あらゆる手を使って支える仕事をしている唐津のみっちゃんです♬

先日、とある高校で赤ちゃん先生クラスの開催をさせていただきました。

高校生に接することなんて、日常にないから、新鮮だったなぁ~。

男子高生なんて、こんなだったっけ?

自分が高校生の時ってどんなだったんだ?

と、遠い昔の記憶をたどってみたり。

ママハタやってると、非日常がたくさんあるから刺激的な毎日です(笑)


この日のメンバー。

みんな、いい顔~~~(≧▽≦)


(生徒さんの写真掲載の許可もいただいたので、そのままUPさせていただいてます)

みんな、本当に優しい表情!!


高校生ともなると、もう、赤ちゃんを持つこともできる年齢。

自分が親になるんだ~って、少しづつ考え始める時だよね。

赤ちゃん先生と触れ合いながら、ママ講師さんの話を聞きながら、この子たちは何をどう感じたんだろう。

初めて赤ちゃんを抱いた、という子もいた。

ふれあいの時間では、抱っこしようとしなかった男の子が、帰り際になって「本当は、抱っこしたかったんです!」と、駆け寄ってきた。

「かわいい~~~!!」と抱っこ。

大人しそうな、男の子、赤ちゃんと見つめ合って・・・。

「この子が、こんなに笑顔なのを始めてみました!」と先生。

やっぱり、赤ちゃんの持つ力はすごい!!

子供たちの敏感な部分に、するっと入っていく。

そして、きっとそれは、認知症のお年寄りにも同じ。

構えがないから、するっと入っていく。

いいなぁ~。

私も赤ちゃんになりたい(笑)

するっと相手の心の部分に入り込んで、硬い何かを解きほぐす能力。

これは、真似できんなあ~(笑)

だから、むくには赤ちゃんがいてほしいんだよな。

介護現場には、一家に一台じゃなくて、一施設に数人の赤ちゃん。

これで、施設の雰囲気ガラッと変わること間違いなし!(*^^*)

赤ちゃん先生は、小学校、中学校、高校、大学、そして高齢者施設。

最近は企業研修も行ってます。

ということで、赤ちゃん先生は、ほぼ全年齢を対象にできるってこと。

赤ちゃんから学ぶことって、無限なのかもしれないね。

よくよく考えたら、そんな赤ちゃんを育てているママって、すごい!!

世の中の、ママたち~!

あなたは、えらい!!

ママっていうだけで、もう、それは本当にすごいことで、表彰されてもいいんじゃないかと思います。

ママたち、ありがとう!!(私も含めてね(笑))


公開日 カテゴリー ママハタ, 赤ちゃん先生

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です