コンテンツへスキップ

映画「まなざし」

やっほー!

赤ちゃんと高齢者をつないで町を元気にしたい、むく代表、唐津のみっちゃんです。

昨日は、介護のリアルな現場をテーマにした映画「まなざし」の上映会でした。

といっても、観覧者として参加したわけではなく、主催側。

この映画を撮られたのは、私の隣に写ってる若い男性、卜部敦史監督です。

卜部監督自ら、このテーマの構想を練るため、介護の現場で働き、介護福祉士という資格まで取られたというから凄い。

映画自体は、決して明るいものではなく、暗くって、ずどーーーーーーーーんと、心にのしかかるものなんだけど、人間らしさがとても出ているリアルな映画。

介護に携わる人だけでなく、みんなに観てもらって、それぞれの感覚で、何かを感じてほしい。

そう思えた映画です。

観るというより、感じる、体感する 映画かな。

そして、一度だけでなく、二度、三度と観るたびに違う感じ方ができるのです。

実際、大分で一度観たのに、もう一度観たかったので来ました~と、福岡から来てくれてた方も!

みんな、機会があったら、是非観てください。

そして、機会がなかったら、自分で作っちゃって!

今回の上映会も、私の心友わっキーの一言から始まったんですw

「これ、これ。ちょっと観てみたくない~~?」

って。

じゃあ、唐津で上映しようよ

と相変わらず、軽~く言ってしまった私(笑)

唐津シネマの会さんに依頼をし、共催としてみんなで動き、こそこそと半年間の準備期間を経て、昨日の上映会に至ったという訳なのです(*^^*)

結果、会場は満席!とまではいかなかったけど(笑)、2回の上映会併せて100人近い方に来場いただきました。

もちろん、私とわっきーも、ちゃっかりトークイベントで登壇(^^)v

想いをちょっとだけ語ってきました。(私の介護に対する想いは、こちらとかこちら

だから、その気になれば、誰にでもできるのです!

ようは、やるか、やらないか だけ!

そしてなおちんは、ここでも赤ちゃん先生(笑)

映画の上映会を通じて、介護や育児、いろいろな問題を、みんなで考える。

講演会ほど気合を入れずに、きら~くに参加できる。

いやぁ~、映画っていいもんですね♡


公開日 カテゴリー MUKU

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です