コンテンツへスキップ

再会も必然

やっほー!

スタッフも利用者も『自分らしく生きる』施設っぽくない大きな家、むく代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、会いたかった人に再会〜♡

きっと、かれこれ15年ぶりくらい?

その昔、私が、そう!そうなの!こういう事をしたいんだ!って気づかせてもらった人生の恩人の1人。

富山型デイの阪井由佳子さん!

赤ちゃんから、お年寄りまで、障害があってもなくてもみんな一緒が普通だよね、ってのが富山型。

今日は、そんな阪井さんの講演があるというので、佐世保まで行ってきたよ。

思わず、きゃー!久しぶり〜!ってノリで話しかけてしまったけど、阪井さんが私を覚えているわけもなく(笑)

でも、あの時、阪井さんの話を聴いてを読んだりしながら、こんな人、こんな事を目指したいって思ったんです!で、立ち上げるんです!と、話してきたら、とても喜んでくれて、それが、また嬉しくて(≧∇≦)

だってね、立ち上げ前だって言うと、多くの人が『大変やね〜』って言うの。

確かに大変なの事もあるけど、私はむしろ楽しくて、嬉しくて、ワクワクしてるんだけどね、大変そうなオーラを出してるのかな〜と反省したりするのです(^_^;)

でも、阪井さんは、めっちゃ喜んでくれた。

だから、今日の再会は、これまた必然だと思ったよ。

このタイミングで、まさか富山にいる阪井さんが九州に来るなんてね。

阪井さんの「デイケアハウスにぎやか」の理念は

ありのままを受け入れます。

いいかげんで、すんません。

死ぬまで面倒みます。

この3つ。

ありのままを受け入れるから、排除したり、隔離したり、鍵を閉めたりはしない。

ルールや決まりを作るのではなく、失敗は経験として、経験値を上げていく。

その都度、判断できる能力をつけていく。

そして、最期まで、その人を守る。

もう、2時間の話に共感して、感動することがいっぱいいっぱいでね。

書ききれない(笑)

でもね、やる気がますます溢れてきたのは確か!

人生って、生きるって、幸せって、ってたくさん考えさせてもらいました。

今日も、ありがとう!!


公開日 カテゴリー つぶやき, みっちゃんのこと

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です