コンテンツへスキップ

決定権はゆずります。

やっほー!

赤ちゃんと高齢者の力で町おこし!

スタッフも利用者も『自分らしく生きる』施設っぽくない大きな家、看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、ママの働き方応援隊佐賀唐津校のミーティングでした。

ミーティングの写真は撮らなかったので、この前のクラス開催の時のです♬

今日のミーティングで、私がみんなに言ったこと。

これから、しばらくは、むくで手一杯になるかもしれない。

みんなに任せられる仕事は、任せていきたい。

だから、何かあった時の決定権は、学級にゆだねます。

そして、もし、何かあったら、責任は私がとります

1年間、ママハタ佐賀唐津の代表をさせてもらってきたけど、私の仕事は、全てを決定することじゃないと、やっと気付いた。

考えて、判断して、決めるのは私じゃなくていい。

みんな、何かあった時、迷った時、私に聞いてくれるけど、私か決めるのって、違うよね。

現場を知ってるのは、今や、私よりトレーナーや学級代表のみんな。

みんなで考えて、決めた答えに間違いはない。

たとえ、失敗したとしても、それは経験として、経験値が上がる事。

私が代表としてやるべき事は、みんなが決めて、行動したことに対する責任を持つこと。

昨日の、あおいけあの加藤さんの話でもあった。

代表や、管理者は「みんなが考えるように考える」事が仕事だって。

だから、私もそうする。

みんなに考えて判断して決めていくというのを、やってもらいたい。

本当は、ちょっと勇気がいる。

でも、信頼してるから、みんなに任せたいし、私なんかより、ずっと素晴らしいゴールにたどり着くのが見えてる!

だから。

私は、代表として責任をとります。

みんな、安心して何でもやって下さい(*^_^*)


公開日 カテゴリー つぶやき, ママハタ

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です