コンテンツへスキップ

みっちゃんについて

「自分らしく生きる」高齢者施設 むく の開設準備中。介護と育児の共存、子供と老人の共感力、育児中を強みとした働き方を展開すべく、施設では子連れ出勤を推奨。自身も男の子3人のママであり、0歳児と共に起業、施設開設に挑む。作業療法士歴20年。ママハタ 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトでも活動中。

やっほー!

看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

実は、みっちゃん、今日が初夜勤!

なぜって、元々作業療法士だからね、仕事で夜勤する事って、今までなかったのよ。

でもって、むくをオープンしてからも、労務仕事に経理仕事、昼間に現場に入ることはあっても、夜の人間になる事はなかったのです。

でも、本来はデスクワークより介護が好きな、現場人間。

多少の不安がありながらも、夜勤を楽しんでます。

まだ、朝まで長いからねー、何が起きるかわからない。

7人もの命をお預かりしてるんだから、気を引き締めていきますよ。

むくの利用者さんは、個性豊かな面々が揃っています。

気持ちは家族。

でも、本物の家族にはなれない。

でも、できる限り、家族に近い存在でいれたらいいなと思います。

そして、私たちの役目は家族と利用者さんをつなぐ事。

家族が介護に悩んでいたら、それが少しでも楽になり、少しでも生きやすく、暮らしやすくするお手伝いが出来ればと思います。

ってね、かっこいい事言ってみてるけど、まだまだわかりません。

ひとりひとりが、全然違って、ひとりひとりがそれぞれの人生を送ってる。

正解なのか、間違っているのか、誰も教えてくれない。

むくには、むくのやり方が少しづつ形作られてます。

合わないと思ったスタッフの中には、去って行く人もいる。

去って行く人は、また、自分に合うところを見つけるのでしょう。

去る者追わずですが、少しでも関わった人たち、いい人生を歩んでいって欲しいと心から思っています。

そして、残ってくれてる初期メンバーのみんなには、ほんと感謝です。

一緒に作っていこう、生きていこうって(大げさかもしれないけど)、踏ん張ってくれてる。

ありがとう。

ただいま23時。

さ、まだまだ夜は長い。

これから、これから(*^_^*)

じゃ、休憩終わり〜♬


やっほー!

毎日、むくむく進化中。

看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

先日、むくでは初めての大きなイベントが開催されました。

その名も「むく祭り」

お祭りって、何のためにするのかな?

むく祭りは、日頃の感謝をお伝えする事が目的。

だから、まずは、利用者の皆さんへ伝えたい事を書きますね。

むくを選んで来てくれてありがとうございます。

長年過ごしたご自宅と、全く同じようには出来ないけれど、少しでも気持ちよく、少しでも楽しいと思ってもらいたいです。

ご飯を食べて、お風呂に入って、寝る事という普通の暮らしが、普通にできるように。

こっそり、お手伝いさせていただきますね。

そして、ご家族のみなさん。

大切なご家族を、むくにお預けして下さり、ありがとうございます。

理想には、まだまだ程遠いところもあるけれど、信頼して下さり、ありがとうございます。

これから、少しずつ、より良い場所を作っていきます。

助言、ご指導、よろしくお願いします!

あ、お祭りでは、踊って下さりありがとうございます(*^_^*)

むくの利用者さん、半分は男性です。

魚釣りが好きだった方々、むく祭りでは、お菓子釣りで(*^_^*)

ご近所さん。

まだまだ、地域の皆さんとの交流はできていませんが、むくを知って下さり、応援して下さり、ありがとうございます。

いつでも、遊びに来て下さいね。

お隣さん。

いつも、野菜のお世話や困った時のお手伝い、本当にありがとうございます!

お隣さんが今のお隣さんじゃなかったら、今のむくは無いです。

仲良くしてくれて、遊びに来てくれて、支えてくれて、ありがとうございます!

スタッフのみんな。

時にはバカになり、時には厳しく、時には天使のように優しく。

その人その人に対して、それぞれが対応を考えてくれる。

アレコレと試行錯誤でも、分け隔てすることなく、利用者さんのことを考えてくれるみんな。

むくで働いてくれてありがとう!

本当に、心から感謝してます。

こんな私だけど、これからも一緒に、仲間としてむくを作っていってください。

目指すのは、みんなの笑顔。

利用者さんの、嬉しそうな顔。

はにかんだ笑顔。

影でいっぱい動いてくれる、みんなの母ちゃん。

みんな、みんな、ありがとう!

でもね、むく祭り、本当に楽しかった(≧∇≦)

楽しんでもらうには、まずは自分が心から楽しむこと!

それぞれが人生を楽しんで欲しいと思っています。

ってことで。

これからも、楽しんでいきましょー!


やっほー!

唐津のみっちゃんです!

ホームページが一回消えたのをきっかけに、ブログはこっちでまとめるとこにしました。

むくのホームページだと、プライベートネタを遠慮してしまうので、ここは、MUKU代表だけでない、3人の男の子の母であり、カイトサーフィン好きで、実は主婦業もしているみっちゃんのブログ!で行きますので、よろしくです(*^_^*)

なんと、10年前のブログもここに引っ越してきてますよ〜。

女性誌ESSEでも紹介されたことがある、育児ブログ。

興味がある人は、見てみてね(*^_^*)

さてさて。

むくがオープンして、もうすぐ半年。

もう半年?

まだ半年?

現在、スタッフ14名。

利用者さん9名。

毎日、のんびりボチボチ暮らしています。

みんな、よくやってくれてるけど、まだまだな事もたくさんあります。

私も、いつも理想論のようなことを書いてるけれど、まだまだです。

想いを伝えること、想いを形にすること、スタッフ同士の人間関係。

辞めていくスタッフもいれば、新しく入ってくるスタッフもいる。

知識や技術も、今磨いている最中です。

思うようにはいかないなぁ〜というのも、正直な感想。

でもね、想定内と言えば想定内。

最初から、完璧なところなんてありえません。

むくは、これから時間をかけて、少しずつ、みんなの理想の居場所になっていくのだと思います。

私の想いだけではない、関わるみんなの理想の場所。

今いるスタッフには、それを作り上げていくことが出来ます。

それを楽しみにしてもらう事もできるはずです。

まだまだ、試行錯誤。

まだまだ、これからなんです。

みなさんのご指導や、応援、励まし、アドバイスが必要です。

私も、まだまだ学んでいる最中。

何をどうすれば、想いを形にできるのか。

ハコが出来たイコールやっとスタート地点に立てたという事です。

たくさんの方に見学に来てもらっています。

来るもの拒まず、大歓迎なのですが、実は私たちが学ばせてもらっています。

足りないところ、おかしいところ、遠慮なく言っていただけることが本当にありがたいのです。

まだまだ、むくは0歳児。

やっと、よちよちハイハイを始めたばかりです。

でもね、1年後には、今よりもっと素敵な場所になってるはず。

3年後には、自信を持って社会にむくの存在を発信してるはず(今もしてるけど(笑))

間違いや、失敗もあります。

全スタッフが、完璧ではありません。

それぞれのできる部分を伸ばしてほしい。

人にどう思われるかを気にするより、自分らしくいてほしい。

あなたは、あなたにしかない価値がある。

そう思います。

今週末は、むく祭り。

地域の方と、ご利用者さんとご家族さんをご招待しています。

今年は小さく。

無理に大きなイベントにせず、できる範囲で感謝を表せたらな、と思います(*^_^*)

リニューアルした、みっちゃんブログ。

これからもよろしくお願いしますね〜♡


やっほー!

毎日、大笑い。

笑う門には福来る。

看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、朝から自由外出のフミさんに付き合って、むくの周りをお散歩〜♬

ご自宅に迎えに行って、むくに着いたものの、車から降りる気分になられず、しばらく車内でおしゃべり。

やっと、降りてもらえたと思ったら

帰らせていただきます!

と、反対方向へ〜(^◇^;)

で、

まいっか〜!

と、お散歩(笑)


空を見て

『まぁー!空にがいっぱいね!』

と(笑)


『これは、なんの花だろう〜?』

多分、ニラ?

ニラの花がこんなに綺麗なんて、初めて知りました(*^-^*)



『花の中に、蜂がいるから、こうしゃえ!!』

フミさんは、小さなことに意味を見つける天才。

1つ1つの風景がゆっくり過ぎて行って、1つ1つが新鮮に映る。


ネコジャラシは、ヒゲになるんばーい♡

と、ふざけてるうちに、フミさんのご機嫌がなおった。

いつものように、いつもの朝。

朝の30分間のお散歩は、フミさんからの私へのプレゼント♡

慌ただしく過ごしていたら気づかない、卵の空に、小さな野花。

今日も、ありがとう(*^_^*)


やっほー!

介護職に限りなく近い作業療法士の、むく代表、唐津のみっちゃんです。

私ね、昔からこう想って生きて来ました。

人の人生に関わる仕事をしているからには、自分の人生をまずは豊かにしなくてはならない。

自分が人生を楽しんでいないのに、人の人生をよくしようなんておこがましい!

って。

だって、そうでしょ。

ラーメン屋が自分のラーメン食べたことなかったり、自分のラーメンに自信持ってなかったら、誰もそんなラーメンを食べたいとは思わない。

それと同じだと思うんです。

だから、自分のプライベートはしっかり楽しむ!

そして、しっかり充電して、そのプライベートの時間を仕事に生かす!

昨日、今日は、毎年恒例のハウステンボスカップのヨットレースに(旦那が)参戦するため、泊まりがけでハウステンボスに行って来ました。


旦那の海仲間の、ヨット。

ハウステンボスカップは、もうかれこれ5、6回目くらいかな〜。

私は、子供達がいるからヨットには乗らないけど、前夜祭では1番前で盛り上げ役に徹します(笑)

毎年、ここでだけ会う仲間とも合流!


こんな感じで、アホになる!

そして、踊りまくる!

何もかも忘れて、とことん、楽しむ!!(≧∇≦)

そう、人生にはこういうリセットタイムも必要なのです。


朝は、ゆっくり。

ちょっと不便な感じが、心地いい。


1歳のなおちんだって、洗い物手伝います。

家族との時間。

長男はオーストラリアに行っちゃってるけど、小さい頃は同じように一緒に来てたな〜と思い出してみたり。

ハウステンボスの中に泊まったことはないし、フリーパスのチケットも買ったことはないけど(笑)、こういう時間の過ごし方が実は贅沢なのかも?とも思います。

仕事ばかりだと、頭の中は濁ってくる。

スタッフにも、それぞれの形で、それぞれの好きなことをする時間を持って欲しいと、本当に思っています。

私がやるべきことは、楽しむことのお手本になること。

作り笑いは、(特に認知症の方には)バレるのです。

だから、いつも本気で笑っていられるように、人生を遊ぶのです(≧∇≦)

介護職のみなさん。

人生を遊びましょー!

楽しみましょー!

それでこそ、人の人生に関われるってもんですよ!