コンテンツへスキップ

やっほー!

「自分らしく生きる」がテーマの、唐津のみっちゃんです!

今日はママハタトレーナーのブラッシュアップ講座でした。

最近、コーチングセミナーや、今日の講座など、自分と向き合う事が多く、改めて

「自分らしく生きる」

「赤ちゃん」

「ママ」

「高齢者」

「介護」

などのキーワードが、何故自分の中で大切なのかってことを考えてみました。

なぜ、むくをやりたかったのか。

なぜ、赤ちゃんとママ、高齢者なのか。

なぜ、自分らしくなのか。

そしたら、子供の頃の自分と母親がフラッシュバックの様に私の中に出てきました。

母は、私に

「あんたを育てる為に、自分の人生を捨てた」

のような事を言った事があって、私を夜の託児所に預けて働いていたのも、田舎の祖母のところに私を預けていたのも、仕方がなかったと言っていました。

生きるためだった、と。

一生懸命育ててくれたことには、感謝してる。

でも、それを子供のせいにされたのは、子供ながらに傷ついて、私は親の前で泣いてはいけない、自立しなきゃと思い、甘えられない子になっていったんです。

お母さんは私のせいで苦労してる、私のせいで幸せになれない、私のせいで・・・って。

私がいなかったら、幸せになれたのかな、って。

化粧品の匂いが嫌いなのは、小さい頃、母が仕事に行く時の匂いだったから。

自分らしく生きる、生きて欲しいのは、母のように子供のせいにして人生を諦めるなんて事をして欲しくないから。

赤ちゃんだった私は、きっと、母を求めてた。

母に私のことを見て欲しかったんだよね。

置いていかないでーって、叫びたかったんだよね。

今、目の前に小さい頃の私がいたら、ぎゅーっと抱きしめてあげたい。

ちょっと重い話になっちゃったけど、きっと私の「自分らしく」とか「赤ちゃんと一緒」とかは、私の人生にかけてた事なんだね。

「自分」を押し殺してきた子供時代。

良い子を演じてた小学生時代。

悪い子になってた中学生時代。

親に頼らず生きていこうと決めた高校生時代。

しっかりしてるように見えるのは、そう見せなきゃいけなかったから。

強く見えるのも、強くなきゃいけなかったから。

でも、本当の私はもっと甘えたかったし、もっと泣きたかったのかもしれないなー。

今、高齢者も、赤ちゃんがいるお母さんも、そのまたお母さんの世代も一緒にいられる温かい場所ができてきた。

私が私らしくいられる場所。

もちろん、まだまだ本当に目指しているものには辿り着いていないけど。

それでも、周りに支えられて、私は今ここにいる。

原点は、母。

むくのみんなも、ママハタのみんなも、みんなが自分を大切に、まずは自分を愛して欲しい、そう思う。

そして、人のせいにして自分の人生を諦めないで。

そう、昔々の母に伝えたかったなー。

読んでくれてありがとう。

みっちゃんの話、でした。

母、まだまだ元気です。

もしかすると今、「自分らしく」自分の人生歩んでるのかもね(*^_^*)


やっほー!

介護職に限りなく近い作業療法士の、むく代表、唐津のみっちゃんです。

私ね、昔からこう想って生きて来ました。

人の人生に関わる仕事をしているからには、自分の人生をまずは豊かにしなくてはならない。

自分が人生を楽しんでいないのに、人の人生をよくしようなんておこがましい!

って。

だって、そうでしょ。

ラーメン屋が自分のラーメン食べたことなかったり、自分のラーメンに自信持ってなかったら、誰もそんなラーメンを食べたいとは思わない。

それと同じだと思うんです。

だから、自分のプライベートはしっかり楽しむ!

そして、しっかり充電して、そのプライベートの時間を仕事に生かす!

昨日、今日は、毎年恒例のハウステンボスカップのヨットレースに(旦那が)参戦するため、泊まりがけでハウステンボスに行って来ました。


旦那の海仲間の、ヨット。

ハウステンボスカップは、もうかれこれ5、6回目くらいかな〜。

私は、子供達がいるからヨットには乗らないけど、前夜祭では1番前で盛り上げ役に徹します(笑)

毎年、ここでだけ会う仲間とも合流!


こんな感じで、アホになる!

そして、踊りまくる!

何もかも忘れて、とことん、楽しむ!!(≧∇≦)

そう、人生にはこういうリセットタイムも必要なのです。


朝は、ゆっくり。

ちょっと不便な感じが、心地いい。


1歳のなおちんだって、洗い物手伝います。

家族との時間。

長男はオーストラリアに行っちゃってるけど、小さい頃は同じように一緒に来てたな〜と思い出してみたり。

ハウステンボスの中に泊まったことはないし、フリーパスのチケットも買ったことはないけど(笑)、こういう時間の過ごし方が実は贅沢なのかも?とも思います。

仕事ばかりだと、頭の中は濁ってくる。

スタッフにも、それぞれの形で、それぞれの好きなことをする時間を持って欲しいと、本当に思っています。

私がやるべきことは、楽しむことのお手本になること。

作り笑いは、(特に認知症の方には)バレるのです。

だから、いつも本気で笑っていられるように、人生を遊ぶのです(≧∇≦)

介護職のみなさん。

人生を遊びましょー!

楽しみましょー!

それでこそ、人の人生に関われるってもんですよ!


佐伯 美智子(サイキ ミチコ)
通称、唐津のみっちゃん。

1974年3月5日生まれ。

福岡中央高校卒。
国立療養所福岡東病院福岡東病院付属リハビリテーション学院 作業療法科卒。

合同会社MUKU代表。
作業療法士。
福祉用具プランナー。

ママの働き方応援隊 佐賀唐津校代表。

作業療法士免許取得後、老人病院や老人保健施設に約10年勤務。
世界中の人々に会いたい、いろいろな人生を知りたいと思い、ニュージーランドやオーストラリアでバックパッカーとして、2年に渡り女一人旅を経験。

人生、少々のことでは終わらないと確信し、高い所と多足昆虫以外は怖いもの無しな人間に成長。

帰国後、離島の老人保健施設に勤務。

人生の最終章はもっと面白く、楽しくあるべきだと、デイサービスを開設しようと独立を決意するが、結婚、出産、離婚、再婚、子育てなどで敢え無く延期。

2016年ママの働き方応援隊 佐賀唐津校代表として、赤ちゃん先生プロジェクトを唐津に持ち込み『赤ちゃんがいる高齢者施設を作る!』『今しかない!』と再奮起し、三男が生後3か月の時に起業を決意、合同会社MUKUを設立。

翌年4月、自身を先頭に、誰もが自分らしく生きる、赤ちゃんのいる高齢者施設「看護小規模多機能むく」を開設。

会いたい人には会いに行く。
行きたい場所にはいく。
やりたいことはする!
自分らしく生きるために、自分がまずは人生を楽しむお手本になる!

と、子供の頃から、ず~っとワクワクした日々を送り続けている。

家族は5人。男の子3人のママ。
夫は18歳年上のカイトサーファーで、大工さん。

好きな食べ物は、パンとコーヒー。

スノーボード、ウェイクボード、カイトサーフィンと、板乗り系のスポーツが大好き。←今は、ほぼやってないけど。

これ以上のことを知りたい人(いるんかな(笑))は、Facebookやブログをチェックしてみてね。


4

やっほー!

看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

今、神戸から帰る新幹線の中。

これ↓は、昨夜の二次会。


向かって左はママハタ理事長なっち。

右側の北爺さんとは、初対面。

上の笠ぶー先生とは3回目。

今更だけどね、気づいたことがあります。

私、1人旅が大好きなんだけど、それって、観光が好きなんじゃなくて「人との出会い」が大好きなんだな〜と。

思い起こせば、バックパッカーをしていた20代の頃。

出会い帳なるものを作って

「世界中に友達を作る」

って夢を実現しようと、出逢う人、出逢う人にメッセージを書いてもらってた。

そして、メールや手紙、電話のやり取りをしてたなぁ〜。

今はSNSがあるから、その場でリアルに繋がり、そして繋がり続けることができる。

そして、会う前にお互いのことを知ってたりすることも多い。

先週末の徳島でも、初めましてなのに、全然、初めましてな気がしない人にたくさん会い、昨日のママハタ5周年でもたくさんの人に

『あ!唐津のみっちゃん!』

って声をかけてもらった(笑)


こんなにたくさんの人が参加したママハタのパーティー。

凄いよね。

ママパワー、改めて実感!

もちろん、深く話さなきゃ相手のことはわからない。

でも、こうした出会いがあってこそ、私は私らしくいられるんだと思う。

なんて言うのかな〜、エネルギーを吸い取らせてもらってるような(笑)


徳島でも、みんなからいっぱいエネルギー吸わせてもらいました。

世の中、こんなに素敵な人たちがたくさんいるんだな〜って知ると

『よっしゃ!私もがんばろ〜!』

って元気になる。

そして、多分、私も少しはそうやって人にエネルギーを分け与えることができてるんじゃないかなと、最近は思う(*^_^*)

もし、誰とも会わない日々が続いたら、私、生きていけないな。


私のビジョンは

『(最期まで)自分らしく生きる』

出会った人達のお陰で、私は私らしくいさせてもらってます。

ありがとう。

まだまだ、これから、これから。

たくさんエネルギー吸収したので、地に足つけて、やっていきます。

これからも、唐津のみっちゃん、みとってねー!(≧∇≦)


やっほー!

スタッフも利用者も『自分らしく生きる』施設っぽくない大きな家、むく代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、会いたかった人に再会〜♡

きっと、かれこれ15年ぶりくらい?

その昔、私が、そう!そうなの!こういう事をしたいんだ!って気づかせてもらった人生の恩人の1人。

富山型デイの阪井由佳子さん!

赤ちゃんから、お年寄りまで、障害があってもなくてもみんな一緒が普通だよね、ってのが富山型。

今日は、そんな阪井さんの講演があるというので、佐世保まで行ってきたよ。

思わず、きゃー!久しぶり〜!ってノリで話しかけてしまったけど、阪井さんが私を覚えているわけもなく(笑)

でも、あの時、阪井さんの話を聴いてを読んだりしながら、こんな人、こんな事を目指したいって思ったんです!で、立ち上げるんです!と、話してきたら、とても喜んでくれて、それが、また嬉しくて(≧∇≦)

だってね、立ち上げ前だって言うと、多くの人が『大変やね〜』って言うの。

確かに大変なの事もあるけど、私はむしろ楽しくて、嬉しくて、ワクワクしてるんだけどね、大変そうなオーラを出してるのかな〜と反省したりするのです(^_^;)

でも、阪井さんは、めっちゃ喜んでくれた。

だから、今日の再会は、これまた必然だと思ったよ。

このタイミングで、まさか富山にいる阪井さんが九州に来るなんてね。

阪井さんの「デイケアハウスにぎやか」の理念は

ありのままを受け入れます。

いいかげんで、すんません。

死ぬまで面倒みます。

この3つ。

ありのままを受け入れるから、排除したり、隔離したり、鍵を閉めたりはしない。

ルールや決まりを作るのではなく、失敗は経験として、経験値を上げていく。

その都度、判断できる能力をつけていく。

そして、最期まで、その人を守る。

もう、2時間の話に共感して、感動することがいっぱいいっぱいでね。

書ききれない(笑)

でもね、やる気がますます溢れてきたのは確か!

人生って、生きるって、幸せって、ってたくさん考えさせてもらいました。

今日も、ありがとう!!