コンテンツへスキップ

やっほー!

自分らしく生きる、みんなの大きな家、看護小規模多機能むく代表、みっちゃんです。

むくが「子連れ出勤を推奨しています」ってのは何度も書いたし、子供たちが活躍してくれてるってことも、書かせてもらいました。

でも、子連れで働けるってだけじゃないんだなぁ~ってことを、書いておきたかったので、書きます♬

私が佐賀唐津の代表をさせてもらっている「ママの働き方応援隊」のミッションは

子育て中がメリットになる働き方を作る

なんだけど、むくでもそれを実践したいと思ってます。

 

子連れで働けます!

とか

託児所あります!

 

とかは、(私の中では)もう古い!

 

子どもたちにも、役割を持ってもらおうじゃない♬

 

ってのが、むくです。

子ども達を、利用者のみなさんが元気になるための環境要因として使わせてもらいます。

実は、高齢者や認知症ケアに子ども達を利用させてもらってるのです。

で、子供たちに何をしてもらっているか。

特別なことは何もないです。

ただ、そこにいること。

一緒にご飯を食べたり、遊んだり、お昼寝したり。

そこにいるだけで

ムードメーカーになり、

笑いが起き、

ハプニングが起こり、

日常が、非日常になる。

ご機嫌斜めで、落ち着かなかった利用者さんも、子供の誘いは断れない。

もちろん、ワーワー騒ぐことも、エンエン泣くこともある。

でも、それもまた暮らし。

無機質な空間で、機械の音しかしない空間より、ずっといいBGM。

(あ、でも、静かに過ごしたい時は、別の空間も用意しますよw)

子育ては、社会的にはマイナスになりがちだけど、発想を変えるとメリットになるんです。

 

そして、子育て中のママたち。

介護、上手です。

なんというか、センスがいい。

少々のことには動じない。

そして、関りが自然。

だから、ママたちには自分に自信をもって、堂々と働いてほしい。

子連れで働かせてもらってるのではなく、子連れだからこそ喜ばれる仕事をしているのだと、自信を持ってほしいと思っています。

(むくでは、子育て中のママには、ほんのちょっとだけど「子ども手当」つきますよ)

ただ一つ問題が・・・。

みんな、大きくなったらどうしよ~~~~(;'∀')(笑)


やっほー!

赤ちゃんと高齢者の力で町おこし!

スタッフも利用者も『自分らしく生きる』施設っぽくない大きな家、看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、ママの働き方応援隊佐賀唐津校のミーティングでした。

ミーティングの写真は撮らなかったので、この前のクラス開催の時のです♬

今日のミーティングで、私がみんなに言ったこと。

これから、しばらくは、むくで手一杯になるかもしれない。

みんなに任せられる仕事は、任せていきたい。

だから、何かあった時の決定権は、学級にゆだねます。

そして、もし、何かあったら、責任は私がとります

1年間、ママハタ佐賀唐津の代表をさせてもらってきたけど、私の仕事は、全てを決定することじゃないと、やっと気付いた。

考えて、判断して、決めるのは私じゃなくていい。

みんな、何かあった時、迷った時、私に聞いてくれるけど、私か決めるのって、違うよね。

現場を知ってるのは、今や、私よりトレーナーや学級代表のみんな。

みんなで考えて、決めた答えに間違いはない。

たとえ、失敗したとしても、それは経験として、経験値が上がる事。

私が代表としてやるべき事は、みんなが決めて、行動したことに対する責任を持つこと。

昨日の、あおいけあの加藤さんの話でもあった。

代表や、管理者は「みんなが考えるように考える」事が仕事だって。

だから、私もそうする。

みんなに考えて判断して決めていくというのを、やってもらいたい。

本当は、ちょっと勇気がいる。

でも、信頼してるから、みんなに任せたいし、私なんかより、ずっと素晴らしいゴールにたどり着くのが見えてる!

だから。

私は、代表として責任をとります。

みんな、安心して何でもやって下さい(*^_^*)


やっほー!

スタッフも利用者も「自分らしく生きる」施設っぽくない大きな家、看護小規模多機能むく代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、なぜ私がブログを書いているのかについて、考えてみたので、それを書いてみます。

先日、唐津でかずみちゃん主催で開催された、まちゃさんのデジタル販促セミナー(ブログ編)。

なぜ、私がこのセミナーに参加してみたり、細々と10年以上にわたり、テーマは違ってもブログを書き続けているか。

そして、これからも書いていこうと思っているのか。

それはね。

ブログを通して人と繋がりたいから、だと思う。

そして、発信することで自分を知ってもらう。

自分をさらけ出すことで、楽に生きられる。

多分、こんな感じでブログを書いたり、Facebookに投稿したり、twitterで呟いたりしてきた。

でも、販促は、ちょっと違う。

仕事に絡める?って?

ぶっちゃけ、今まで考えたことなかった。

だって、趣味だもん(笑)

そんな私が、販促セミナーに参加した理由は単純。

仕事に絡めていきたいと思ったから。

ママハタでは、発信して知ってもらうことから始める。

赤ちゃん先生の楽しさとか感動、ママ達のイキイキしてる姿は、発信しないと伝わらない。

って、伝えなきゃもったいない!かな。

元々、美味しいものは独り占めするより、美味しいやろ〜!って、一緒に味わってその感動を共有したいたち。

だから、楽しいことは伝えなきゃ!って思っちゃう。

そして、介護業界にも、エクスマやSNSでの繋がりの経済思想を取り入れていきたいと思ってます。

『人は、商品が欲しいのではない。
その商品から得られる体験が欲しいのだ。』

『迷ったら、楽しい方を選べ』

ってなことをエクスマの創始者藤村さんは仰ってるけど、介護業界だってそう。

もう、ただレスパイトだけを目的とした、預かるだけの高齢者施設(商品)はいらない。

そこで、何が行われ、どんな生活、体験が出来るのか、が大事だよね。

そして、これからは、当事者達が、どんどん発信する時代になっていくと思う。

介護業界は、もっとオープンにならなきゃ!

施設は、街はずれや山奥にあってはいけない。

街の中に存在し、人が気軽に出入りできる場所になっていくべき。

そして、私たちスタッフは、当事者の代弁者となって発信する。

もちろん、発信させてもらえるような、信頼関係を基盤としてね(*^_^*)

生き活き家の金岡さん、石井さんちの石井さん、あおいけあの加藤さん、他にもどんどんネット上で現場を見せてくれる所が増えてる。

映画化してるところだって!

これって、これからの時代、すごく大切だと思う。

介護の世界も、きつい、汚い、給料安いの3Kなんて言われるのは、そこしか見えていないから。

本当は、もっと違う!

もっとやりがいがあって、感動もあって、人間らしい生き方を考えることができる、介護にはそんな事だってあるんだよ!

だからね、むくがオープンしたら、たくさんの人に登場してもらいたい。

そういえば。

私が好きなのは「人」「出逢い」って、まちゃさんのセミナーで言ったんだけど、ブログのネタには難しいかな〜ってネタとしては却下だったんだよね。

で、イスも好き〜♡って事で、イスをネタに書いていこう♬ってなったんだけど。

でもやっぱり、私は!人を伝えるブログを書いていきたい。

って事で、これからも書いていきまーす!


やっほー!

朝からいろいろ考えちゃって、まとまりがつかない、高齢者施設むく代表、唐津のみっちゃんです。

何を考えてるかって、いのちの大切さを伝えることはいいことなのか、そうでないのかってこと。

赤ちゃん先生プロジェクトでは、生まれてきたときの話とか、妊娠中のこと等をママ講師が子ども達に話すことがあります。

誕生学協会ってところでも「生まれてきたことが嬉しくなると未来が楽しくなる」をキャッチフレーズに赤ちゃん先生と少し似ている活動をされています。

それでね、もちろんそこには賛否両論あるわけで。

マイナスな結果になるんじゃないかって意見もあったり→「誕生学」に疑問 生きづらさを抱える子を追い詰めるのはやめて!

赤ちゃん先生の話ではないにしても、似てるところもあるから、このブログの話もわかるなぁと思うんです。

死にたいと思っている子に「死んではだめよ」なんて、見ず知らずの大人が言ったって心に響くわけがない。

「ほら、あなたもこんなに小さくて愛されていたときがあったのよ」なんて言われたって実感がわくわけがない。

わかるんです。

障害を持ったばかりの人に「大丈夫よ!あなたはあなたなんだから!」なんて言っても、「ふざけんな!」って、嘘っぽくしか聞こえないのと同じ。

私も子どもの頃、大人の話なんて全然聞こうとしなかった。

大人に自分のことなんてわかりっこないと思ってた。

私も少なからずやんちゃしてたから、そんな子どもたちの気持ちも、少しはわかるつもり。

でもね、赤ちゃん先生って、母親の話だけから学ぶんじゃない。

子どもたちの感じる力を育てたいんです。

赤ちゃんの持ってる共感力。その力を感じてほしい。

自傷行為のある子や自殺を考えるまでに追い込まれている子(がいたとして)に「自分の命を粗末にしてはだめ」なんてことは言いません。

強引に赤ちゃんを連れてきて「抱っこ」を強要したりしません。

遠く離れて見てるなら、それはそれで良いんです。

その場を逃げ出したくなるなら、それも良いんです。

でも、何かのきっかけやチャンスになるかもしれない。

赤ちゃんに接することで、もしかしたらちょっとでも「かわいい」って思うことで、その子の中にある何かが和らぐかもしれない。

そんなに簡単ではないことだってわかってる。

でも、学校は国語、算数、理科、社会ってカリキュラムだけすれば良いのかというと、そうではないと思うのです。

教育の中に「感じて学ぶ」もあって良いのではないでしょうか。

いじめや自殺にいたる前の段階の、ひとつのチャンスとして赤ちゃん先生は力を発揮してくれると思います。
もし、すでにいじめや自殺、虐待に逢っている子どもがいるとしたら、そこには心友になれる大人が必要。

一緒に泣いたり、笑ったり、共感してくれて、心の支えになってくれる人が必要です。

ママハタのビジョンは「日本の無縁社会を解消する」です。

赤ちゃんが、人と人との縁を繋いでくれます。

私も、たくさんの縁を繋いでもらいました。

そして、母親が自分らしさを失わず、孤独にならないように。

子どもたちの自己肯定感を高めるためには、まずは母親が生き生きして、自己肯定感を高めることをしてほしい。

子どものためにと、自己犠牲を払うのではなく、子どものために笑顔でいられるように社会に出てほしい。

子育てがしやすい国になると、社会はもっとよくなる。

私は(きっとみんなも)そう信じて活動しています。


やっほー!

自分らしく生きるために、自分らしく生きる人たちを、あらゆる手を使って支える仕事をしている唐津のみっちゃんです♬

先日、とある高校で赤ちゃん先生クラスの開催をさせていただきました。

高校生に接することなんて、日常にないから、新鮮だったなぁ~。

男子高生なんて、こんなだったっけ?

自分が高校生の時ってどんなだったんだ?

と、遠い昔の記憶をたどってみたり。

ママハタやってると、非日常がたくさんあるから刺激的な毎日です(笑)


この日のメンバー。

みんな、いい顔~~~(≧▽≦)


(生徒さんの写真掲載の許可もいただいたので、そのままUPさせていただいてます)

みんな、本当に優しい表情!!


高校生ともなると、もう、赤ちゃんを持つこともできる年齢。

自分が親になるんだ~って、少しづつ考え始める時だよね。

赤ちゃん先生と触れ合いながら、ママ講師さんの話を聞きながら、この子たちは何をどう感じたんだろう。

初めて赤ちゃんを抱いた、という子もいた。

ふれあいの時間では、抱っこしようとしなかった男の子が、帰り際になって「本当は、抱っこしたかったんです!」と、駆け寄ってきた。

「かわいい~~~!!」と抱っこ。

大人しそうな、男の子、赤ちゃんと見つめ合って・・・。

「この子が、こんなに笑顔なのを始めてみました!」と先生。

やっぱり、赤ちゃんの持つ力はすごい!!

子供たちの敏感な部分に、するっと入っていく。

そして、きっとそれは、認知症のお年寄りにも同じ。

構えがないから、するっと入っていく。

いいなぁ~。

私も赤ちゃんになりたい(笑)

するっと相手の心の部分に入り込んで、硬い何かを解きほぐす能力。

これは、真似できんなあ~(笑)

だから、むくには赤ちゃんがいてほしいんだよな。

介護現場には、一家に一台じゃなくて、一施設に数人の赤ちゃん。

これで、施設の雰囲気ガラッと変わること間違いなし!(*^^*)

赤ちゃん先生は、小学校、中学校、高校、大学、そして高齢者施設。

最近は企業研修も行ってます。

ということで、赤ちゃん先生は、ほぼ全年齢を対象にできるってこと。

赤ちゃんから学ぶことって、無限なのかもしれないね。

よくよく考えたら、そんな赤ちゃんを育てているママって、すごい!!

世の中の、ママたち~!

あなたは、えらい!!

ママっていうだけで、もう、それは本当にすごいことで、表彰されてもいいんじゃないかと思います。

ママたち、ありがとう!!(私も含めてね(笑))