コンテンツへスキップ

1

やっほー!

むく代表、唐津のみっちゃんです♬

ついに!

2017年4月1日、看護小規模多機能むくは、オープンしました!

ブログを書く暇もなく、オープニングセミナーや、イベント、事前研修を修了し、ボチボチと利用者さんも来られています。

そして、改めて感じた子ども達のパワー。

初日から、キッズスタッフ大活躍です(*^_^*)


子ども達がいると、その声が暮らしを潤すBGMになります。

やる事がなくても、子供を見守るという役割ができます。

そして、何につけても、子供の誘いは、百人力!

誰も断れません!(笑)


家でも、お風呂は好まれなかったFさん。

スタッフが声をかけても、ウンと言わなかったのに、2歳のみーちゃんに引っ張られると『行ってやるか』という気持ちになったようで、入って下さいました(*^_^*)
トイレにも、ばあちゃんについて、一緒に行きます。

おまけに!
ここでは、みーちゃんの方にも良い効果が!

ばあちゃんと、一緒にする〜って、トイレに行って一緒にトイレトレ(笑)

お昼ご飯の時には、今まで苦手だったトマトに自分から手を伸ばして食べちゃいました!!(≧∇≦)

むくで過ごす時間は、子供達にとっても良い学びの場になってくれそうです。

そして、生き生きと働くお母さんの姿を見ることもできます。

ばあちゃん達も一緒に子供達を見てくれて、昔ながらの共同養育の場が出来上がります。

お母さんが、子育ての経験を生かして介護という仕事をする。

子連れで働けば、保育園に預ける必要もなく、スタッフ不足も解消。

子供達は、間違いなくお年寄りに良い効果をもたらしてくれます。

むくは、やっとスタートラインです。

これから、いろいろな事が起きると思います。

どんなドラマが展開されるのか、ワクワクですw

無理をせず、当たり前の生活を。

介護が作業でなく、暮らしの延長となるように。

そして、普通の暮らしを普通に提供できるように。

むくでは、普通に、当たり前のことを、やっていきます(*^_^*)

みなさま、これこら、どうぞよろしくお願いします♬


4

やっほー!

むくのオープンまで、2週間を切りました!!

今更だけど、私が「むく」を立ち上げるに至った経緯をおさらいしたいと思います。

私は、長年、作業療法士としてお年寄りに関わる仕事をしてきました。

人生の最期に近いところだったり、障がいとともに歩む人生だったり、自分では自分のことがどうにもできない人生だったり・・・。

様々な人生に関わらせてもらいました。

私の人生も波瀾万丈だけど、人の人生に少なからず関わらせてもらうことは、私の人生にも良い刺激となります。

でも、病院や大きな施設では、その人の人生というより、その場所に当てはめられて生かされているだけのような人が多く、これでいいのか?人の人生って、これでいいのか?と悶々とした日々を送っていたのも事実です。

もちろん、病院や施設での生活は非日常。

また、自分の時間を取り戻すことができると信じて、リハビリに励み、新しい生き方を模索していくのですが、何かしら

ちがーう!!

そう感じていたんです。

高齢者は高齢者だけを集めた施設。

病院では、病院のルールに従うのが当然で、好きな服も着ることができない。

人生の最期の時間かもしれないのに。

子ども達は、おじいちゃん、おばあちゃんと触れ合うこともなく、お年寄りを宇宙人のように見る。

ご近所さんとも疎遠で、孤独死が日常茶飯事な時代。

介護される人は申し訳なさそうに頭を下げ、介護する人は日々の業務?に追われ、本当の介護を忘れてロボットと化していく・・・。

そんな世界を目の当たりにするにつれ、訓練室でするリハビリも大事ではあるけれど、それより先にもっと、その人の人となりを考えるべきなのではないか、その人がその人らしく最期まで生きるには?と考えるようになったんです。

そして、いつしか、自分でスタッフも利用者も「自分らしく最期まで生きる場所」を作りたいと思うようになっていました。

最初は、富山型や宅老所を考えて、福岡の「よりあい」に見学に行き(15年前くらい?)、デイサービスの方が始めやすいかなと、mixiで「デイサービス開設!」というコミュを作り情報収集(10年前くらい?)、物件を探して、事業計画書も作って・・・。

でも、その時は、タイミングじゃなかったのかな?何となく流れていました。

その間、離島暮らしをしたり、国際結婚をしたり、ニュージーランドでバックパッカーしたり、オーストラリアでダイビング三昧してたり、離婚したり、再婚したり(笑)

そして、出産という大イベントを3回も経験し、子育て現在進行中。

そして、やっと、そのタイミングがやってきたという感じかな、と思います。

今までは、人生勉強(今も現在進行形だけど)

私は、まだまだ、その器ではなかった。

今、子育てをしている今、むくを創る、その時が来たんだと思っています。

三男のなおちんが3か月の時に、決意を固め、1年経った今、開設が目の前です。

よく、子育て中で、こんな小さい子がいてよくやるよね~!!と、呆れられたり(笑)、励まされたり、驚かれたりするのですが、私としては「この子がいるからやれる!!」なんですよね。

子どもたちに教えてもらった「生きる」ということ。

暮らしは縦割りではなく、横のつながりがあってこそだということ。

ママだからこその目線で、母親たちの力を生かした場所にもできると、気づかせてもらった。

むくは、私の周りにいる人みんなの思いが集まってできる場所なんですよね。

私は、ただ、周りに動かされているんです。

そして、介護は暮らしの延長であり、リハビリも暮らしの中に混ぜ込むことができる、また、赤ちゃんや子供たちの存在が生活を豊かにすることを立証したい、そう思っています。

介護スタッフ不足は、子育て中のママが補えます。

介護技術は、育児から学べます。

コミュニケーションは、赤ちゃんが教えてくれます。

そして、生きることをお年寄りに学び、子供たちに伝えたい。

介護する人、介護される人ではない、人と人との関係。

こんなことを大事にしていきたい、と、オープンを前にして考えています。

さ、オープンまであと10日!!!


やっほー!

育児と介護をリアルにつなげたい、MUKU代表、唐津のみっちゃんです。

今日は、先月お邪魔した、オーストラリアの高齢者施設を紹介したいと思います。

ここは、主に認知症の方をケアする入所施設。

日本でいう特養みたいなところで、低所得者でも利用できる高齢者施設とのことでした。

まずは、アクティビティ室。

介護職らしきお兄さんが、それぞれに何らかの作業活動をしている場面。

ぬり絵やパズルや、ダーツゲーム。

脳トレみたいな時間。

日本でも、こういう場面は、よく見かけますね。

隣にいる人同士が『初めまして~』なんて会話してる。

多分、初めてではないだろうけど、毎回そうやって話してる風だった(笑)

これも、日本でもありがちで、ところ変わっても同じだなぁって感想w

シーティングはほとんどされておらず、車椅子は個人に全然合っていない。

(シーティングは、まだまだ浸透していない様子)

でも、和やかで、とにかくスタッフは明るくて、案内してくれたお兄さんは

We do high high high high care!

と何度も繰り返していて面白かった(笑)

居室。

多床室と個室があり、多床室は3~4人。

結構重度な方もいらっしゃるようでした。

ちょっと病院っぽいね(^_^;)

こちらはレストラン風にした食堂。

食器やナイフ、フォークは必ずプラスチックでなくリアルなものを使う!と話されてました。

テーブル一つ一つにお花が飾ってあって、ここでは食事の他にもモーニングティー、アフタヌーンティーと、ティータイムを楽しむそう。

この辺りは、欧米人らしいね(^_^)

厨房にも入らせてもらいました。

厨房のすぐ横が、さっきのアクティビティ室で、調理しているところが見えて、においも伝わるようになってます。

「食事を楽しみにしてくれるようにね!」と話されてました。

食事に関しては、細かく個別に対応しているとのこと。

モーニングティーは、Aさんはアップルティー、Bさんはクランベリー、お砂糖が1、アフタヌーンティーはAさんはオレンジを添えて、Bさんはピーチパイは嫌いとか、お茶に関しても食事に関しても細かく書いてありました。

日本ではあまり見ないな!

と思ったのが、コカ・コーラアレルギー(笑)

なかなかないし、そもそも高齢者とコーラが結びつかない(笑)

そして、お庭。

後ろの絵は、地元の高校生が描きに来てくれたそう。

自由に出入りしていい空間らしく、ここでお茶することもあるのだそう。

しかし、さすがに日本の椅子より1、2回りはでかい!

ガーデニングもできますよ~と、車椅子でも土を触れるプランターを見せてくれましたw

図書室の一角には、メモリアルコーナー。

日本でいう、お仏壇のようなところだけど、シンプルに写真とろうそくだけ。

ここで亡くなった方を弔われているそう。

こういう場所は、やっぱり必要ですね。

施設の運営方針的なものが玄関先に掲げてありましたが、よく見ると、政府の指針みたい。

利用者1人1人のことをよく知りなさい。

利用者1人1人の個別ケアを行いなさい。

そういったこともちゃんと書いてある。

これにのっとって、自分たちはケアをしている、そう話されていました。

日本でいう、介護保険法みたいなものかな~。

でも、ここまでちゃんとスタッフに理解されて、掲示されているところはなかなかないんじゃないかなって思う。

オーストラリアの施設を見学して思ったこと。

やっぱり、何でもでかい!(人も家具も!)

目指しているところは日本もオーストラリアも個別のケアだな。

でも、鍵のかかった出入り口や、病院っぽいスタッフは、ちょっとなんだかなぁ~。

きっと、オーストラリアの施設にもピンからキリまで、いろいろなところがあるんだろうなぁ。

ここは、標準的な施設って感じがしました。

そして、日本も全然、負けてない!(笑)

なんか、いいところを盗もう!と思ってたけど、日本の良さも逆に見えたり。

オーストラリアだから、特別何が違うということもなく、目指しているところが同じようなので、そこもなんだか安心したかな。

お風呂に関しては、シャワーしかないので、一日中好きな時に対応できるそう。

ここは、文化の違いだね~。

もう一施設、小規模デイサービスに行ったので、そちらもまた今度、紹介いたしま~す♬


やっほー!

自分らしく生きる、赤ちゃんのいる高齢者施設「むく」代表、唐津のみっちゃんです。

今日は施設の補助金申請書締め切り日でした。

午前中に、土地を貸してくださる地主さん(もう、この方にはいくら感謝してもし尽せません!)と公証人役場で賃貸借契約を交わし、その足で最終的な書類を全部提出。

とりあえず、これで、ひと段落。

この書類に認可が下りたら、いよいよ着工です(^o^)

10月には棟上げできるかな。

そして、今日はお祝い~♬って気分で、友達とランチ(本来なら祝杯といきたかったけどw)

顔出しNGとのことで、ご飯だけ(笑)

その友達Kさんは、実はもともと、私の患者さん。

リハビリの担当をさせてもらってました。

働いていた時は、治療者・患者関係なので、こうやってご飯を食べに行くなんてことはもちろんなかったけど、今は、そんなの関係ないので、普通の友達やってます。

そのKさんが、すごく嬉しいことを言ってくれました。

佐伯さんのFacebookを読んだり、会って話をしてから、自分もどうなっていきたいか、どうあるべきかを考えるようになった。(それまでは考えたことなかったんだって)

自分がいてもいなくても変わらない、大してやりがいのない仕事をやって定年を迎えるより、何か自分にもできるんじゃないか。

この障がい(右片麻痺)があるからこそできる、何かがあるんじゃないか。

「同じように障がいを持つ人たちに、自分も何かできるんじゃないか」

そう言って、障がいがある若い人達のシェアハウスや、就労支援、講師業なんかの話で盛り上がりました。

まさに、マイナスをプラスに替えるという発想!

嬉しいなぁ~~~~~~。

ほんっと、嬉しいなぁ~~~~~~~~~~♡

もちろん、障がい者になってしまったことは、決して喜べることではないし、とてもつらいことだったと思う。

でも、いつまでもクヨクヨしてたって始まらない。

障がいを受け入れることで、更にその先を目指していける。

障がい者になって、初めて気づいたことがいっぱいあるそう。

仕事に追われていた時には気づかなかったことが、たくさんあるんだろうなー。

Kさんは、最初は、すごい怖い顔しててね。

机を蹴飛ばして、リハビリ室を飛び出していった人なんだ(かれこれ8年前くらいかな)

家に引きこもりで「外に出るのが嫌だ」って話してたっけ。

きっと、その時は現実を受け入れられず、どうしようもなくイライラしていたんだと思う。

私も、正直、怖かった(笑)

でも、Kさんは頑張った!

もちろん時間はかかったけど、今では、自分のことだけじゃなく他の人にまで目を向けられるようになった。

外にも、出すぎるくらい出歩くようになった(飲み屋が多いみたいだけど(笑))

そして、周りの同じような思いをした人に、同じ経験をした人にしかわからないことを伝えようとしてる。

ここまで来たら、リハビリは卒業。

もう、私は必要ない。

これからは、友達であり、同志。

何ができるのか、どうなりたいのかをゆっくり考えてほしい。

あぁ、それにしても、やっぱり、嬉しいなぁ~~~♬


752151a53ba701fa8c9afc2233a0a5f2_cf737352aab6f0b4e39e015f99d3f8ee

作業療法士になって、かれこれ20年超。

『これは私の天職だ!』と思ってきたし、今でも、そう思ってる。

だから「むく~施設っぽくない大きな家」を作っても、作業療法士は続けていきたい。

仮に施設代表をやったとしても、心は作業療法士でいたい。

でもね。

作業療法が何なのかってのは、実はあまり知られていない。

作業療法?

『あ~よく机とかで折り紙したり、ぬり絵したり、あ、編み物とかもするんだっけね?

とにかく、そういう作業するやつでしょ?』

なんて風によく言われる。

でも、作業療法ってのはそんなもんじゃなぁーい!!

作業療法で言う『作業』は、生活そのもの、人生そのものなんだなぁ。

その人の人生をよくするための活動や、手段、関わり全てが作業療法だったりする。

言うなら、作業療法士がやることは全て作業療法だと私は思ってる。

対象者の方と一緒に畑仕事をする。

喫茶店でコーヒーを飲む。

折り紙を折る。

料理をする。

お風呂に入る。

着替えをする。

猫に餌をやる。

歩いたり、車椅子に乗る。

筋トレ、ストレッチ。

住宅改修。

自助具製作。

ダンス♪

片手で魚釣りをする。

犬の散歩。

とか

とか

とか

その人の人生に必要な課題を見つけ、解決して、その人の人生が豊かになるためなら、何でもやりまっせ~!

それも、当然ながらリハビリなので『やってあげる』ではなく、本人ができるように指導したり、工夫を凝らしたり、練習したりするのが私たちの役目。

リハビリはやってもらうんじゃない、自分がするものだからね。

そう。

作業療法は、介護と同じく『自立支援』なのよ。

ついでに言うと、作業療法士は、もっと介護に近い存在じゃないといけない。

介護ができない作業療法士は、生活が見れていないのと一緒。

生活を見れない作業療法士は、作業療法士の資格なし!

そして、生活がずっと続いて人生があるわけで、人生に真っ向から関わらせてもらう仕事が作業療法だといえる。

その人が、少しでも楽に生活できるように。

その人が、少しでも生き生きと暮らせるように。

その人が、その人らしくいられるために。

作業療法士は、ありとあらゆる手段を使って「その人」と関わっていく。

寝たきりで床ずれがある方には、少しでも呼吸が楽になるように、床ずれが無くなって痛みが無くなり、気持ちよくなるようにと、姿勢調整を試みたり、環境を変えたり、関わる人・スタッフに介助方法を指導したりする。

旅行が趣味だったけど(何らかの障がいを持ってしまいいけなくなった)・・・という方とは、歩く練習、乗り物に乗る練習、自分で計画立てて、スケジュールを作り、金銭管理をする練習なんかもする。

障がいを持ってしまっても、あなたが思うより、まだまだできることがいっぱいあるんだと知ってもらいたい。

そのために、ありとあらゆる方法を試み、様々な手段を用いて関わっていく。

これが、私が思う作業療法士の仕事。

決して、机上作業だけじゃないし、関節運動や筋トレだけでもない。

人の人生にどっぷり関わらせてもらう仕事。

それが、作業療法。

だから、私は、一生作業療法士をやっていく。