コンテンツへスキップ

やっほー!

自分らしく生きる、みんなの大きな家、看護小規模多機能むく代表、みっちゃんです。

むくが「子連れ出勤を推奨しています」ってのは何度も書いたし、子供たちが活躍してくれてるってことも、書かせてもらいました。

でも、子連れで働けるってだけじゃないんだなぁ~ってことを、書いておきたかったので、書きます♬

私が佐賀唐津の代表をさせてもらっている「ママの働き方応援隊」のミッションは

子育て中がメリットになる働き方を作る

なんだけど、むくでもそれを実践したいと思ってます。

 

子連れで働けます!

とか

託児所あります!

 

とかは、(私の中では)もう古い!

 

子どもたちにも、役割を持ってもらおうじゃない♬

 

ってのが、むくです。

子ども達を、利用者のみなさんが元気になるための環境要因として使わせてもらいます。

実は、高齢者や認知症ケアに子ども達を利用させてもらってるのです。

で、子供たちに何をしてもらっているか。

特別なことは何もないです。

ただ、そこにいること。

一緒にご飯を食べたり、遊んだり、お昼寝したり。

そこにいるだけで

ムードメーカーになり、

笑いが起き、

ハプニングが起こり、

日常が、非日常になる。

ご機嫌斜めで、落ち着かなかった利用者さんも、子供の誘いは断れない。

もちろん、ワーワー騒ぐことも、エンエン泣くこともある。

でも、それもまた暮らし。

無機質な空間で、機械の音しかしない空間より、ずっといいBGM。

(あ、でも、静かに過ごしたい時は、別の空間も用意しますよw)

子育ては、社会的にはマイナスになりがちだけど、発想を変えるとメリットになるんです。

 

そして、子育て中のママたち。

介護、上手です。

なんというか、センスがいい。

少々のことには動じない。

そして、関りが自然。

だから、ママたちには自分に自信をもって、堂々と働いてほしい。

子連れで働かせてもらってるのではなく、子連れだからこそ喜ばれる仕事をしているのだと、自信を持ってほしいと思っています。

(むくでは、子育て中のママには、ほんのちょっとだけど「子ども手当」つきますよ)

ただ一つ問題が・・・。

みんな、大きくなったらどうしよ~~~~(;'∀')(笑)


やっほー!

自分らしく生きる、みんなの大きな家「看護小規模多機能むく」代表、みっちゃんです♬

むくもオープンして、やっと10日。

たった10日だけど、いろいろな事が起きてます。

想定内のことも想定外のことも(笑)

まだまだ、これから始まる暮らしですが、今だから起きる、いろいろなこともあるもんです。


むくの特徴は、暮らしの場であり、赤ちゃんや子供達が自然に、そこにいる事。

母親といる事が条件です。

託児所ではありません。

富山型デイでは、赤ちゃんからお年寄りまでお預かりするけど、それとは少し違います。

あくまで、母親の元にいて、赤ちゃん達も安心して遊べる空間である事が条件です。

お年寄りも、母親がいるという事で安心されます。

母親が近くにいない子供が目の前にいて、もし、泣いてたりしたら、ばあちゃん達もオロオロしてストレスになっちゃうかもしれない。

赤ちゃん達が、お年寄りに対して本領発揮してくれるには、やはり母親が近くにいる事が絶対条件です。

託児所だと、そこがちょっと違ってしまうので、むくには、託児はありません。
(小学生以上になると、また話は違います)


赤ちゃんには、すごい力があります。

私たち大人スタッフが声をかけても『結構です!!』と全て拒絶される人でも、赤ちゃんには笑顔です。

怒っていた人も、穏やかになってしまう。

不穏な方も、赤ちゃんを抱いた母親には安心して接してくれる。

もちろん、毎回では無いけれど、この10日間でも赤ちゃんや子供達に何度も助けられてます。

この、赤ちゃんと私たちの違いって何だろ?って考えてみました。

赤ちゃんにあって、私たち大人にないもの。

気付いたものをあげてみます。

下心。
大人は話しながら「○○さんに、〜してほしい」と思ってる。

可愛さ。
これはどうやっても敵わない(笑)

純真無垢。
素直で、汚れがない瞳。作ったものでない、素の表情。これも、なかなか敵わないけど、まだどうにかなる?

言葉を使わないコミュニケーション。
赤ちゃんは、人を惹きつけて、言葉でないコミュニケーションが得意。

大人に真似できないことが、ほとんどだけど、下心や非言語的コミュニケーションは学ぶ事が出来るかも?と思います。

下心なく、その人とただ仲良くなるために傍にいる。

相手にまずは認めてもらう。

素で語りかける。

これくらいは、出来るかも?

むくでは、赤ちゃんから介護を学ぶ事が多そうです(*^_^*)

さぁ、明日は何が起きるかな。

ワクワクの毎日が始まりますよ〜🌸


やっほー!

自分らしく生きるために、自分らしく生きる人たちを、あらゆる手を使って支える仕事をしている唐津のみっちゃんです♬

先日、とある高校で赤ちゃん先生クラスの開催をさせていただきました。

高校生に接することなんて、日常にないから、新鮮だったなぁ~。

男子高生なんて、こんなだったっけ?

自分が高校生の時ってどんなだったんだ?

と、遠い昔の記憶をたどってみたり。

ママハタやってると、非日常がたくさんあるから刺激的な毎日です(笑)


この日のメンバー。

みんな、いい顔~~~(≧▽≦)


(生徒さんの写真掲載の許可もいただいたので、そのままUPさせていただいてます)

みんな、本当に優しい表情!!


高校生ともなると、もう、赤ちゃんを持つこともできる年齢。

自分が親になるんだ~って、少しづつ考え始める時だよね。

赤ちゃん先生と触れ合いながら、ママ講師さんの話を聞きながら、この子たちは何をどう感じたんだろう。

初めて赤ちゃんを抱いた、という子もいた。

ふれあいの時間では、抱っこしようとしなかった男の子が、帰り際になって「本当は、抱っこしたかったんです!」と、駆け寄ってきた。

「かわいい~~~!!」と抱っこ。

大人しそうな、男の子、赤ちゃんと見つめ合って・・・。

「この子が、こんなに笑顔なのを始めてみました!」と先生。

やっぱり、赤ちゃんの持つ力はすごい!!

子供たちの敏感な部分に、するっと入っていく。

そして、きっとそれは、認知症のお年寄りにも同じ。

構えがないから、するっと入っていく。

いいなぁ~。

私も赤ちゃんになりたい(笑)

するっと相手の心の部分に入り込んで、硬い何かを解きほぐす能力。

これは、真似できんなあ~(笑)

だから、むくには赤ちゃんがいてほしいんだよな。

介護現場には、一家に一台じゃなくて、一施設に数人の赤ちゃん。

これで、施設の雰囲気ガラッと変わること間違いなし!(*^^*)

赤ちゃん先生は、小学校、中学校、高校、大学、そして高齢者施設。

最近は企業研修も行ってます。

ということで、赤ちゃん先生は、ほぼ全年齢を対象にできるってこと。

赤ちゃんから学ぶことって、無限なのかもしれないね。

よくよく考えたら、そんな赤ちゃんを育てているママって、すごい!!

世の中の、ママたち~!

あなたは、えらい!!

ママっていうだけで、もう、それは本当にすごいことで、表彰されてもいいんじゃないかと思います。

ママたち、ありがとう!!(私も含めてね(笑))


やっほー!

髪を切って、すっきりさっぱり、心も体も軽くなった唐津のみっちゃんです。


髪を切ってくれたのは、現役ママ美容師のルイ子さん。

はやちんが赤ちゃんの頃からお世話になってるから、かれこれ4年くらいの付き合いだけど、去年、彼女もめでたくママになった(*^_^*)

お店は1人でやっているので、育休や産後はお店を閉めてたんだよね。

他にお店を任せられる人もいないから、仕方がない。

保育園に預けて働くのかなと思いきや、お店をリフォーム!!


なんと!!

ベビーコーナーできてるし!!


赤ちゃんおんぶでカットしてくれるし!!(^0^)

この細い体で、どこにそんなバイタリティーがあるんだ!?

かっこいい!!!

赤ちゃんおんぶの美容師さんなんて、なかなかいないよ~!

この思い切り!

子供と一緒に仕事をしようという、挑戦。

私は、心から応援するよ~!!

お客さんも、もちろん子連れOK。

カットしてもらいながらの育児話も、盛り上がること間違いなし♬


ルイ子さんが言ってた。

「この子が少しでも、私の働く姿を見て仕事って楽しいんだ、仕事ってつらいものじゃないんだって、そんなことを感じ取ってくれたらいいな」

って。

見てるよ~。

子供たちは、そんなママの背中で大きく、優しい人に育っていくんだと思う。

笑顔で働くママ、最高だね!!


ニコ〜♬
って、こうやるらしい。
1歳児にとっては
「人差し指をほっぺに当てる」=「ニコ〜♬」
なのね(笑)
しかも、周りが喜ぶから、何度でもやる。
そして、こっちがニコ〜♬っと笑うと、同じように笑う。


赤ちゃんの、共感力は、半端ない。
昨日、こんなことがあった。
父ちゃんに抱っこされてたなおちん。
父ちゃんが、手に持ってたものを足の上に落として「あいた〜!!」って顔になった瞬間、なおちんも、泣き出した。
父ちゃんが、大きな声を出したわけでもなく、怒られてると思ったわけでもなく、ただ、痛いってことを、代わりに泣いて表現してくれたような。
きっと、こういうことって、他の赤ちゃんたちにもあると思う。
これって、私達よりずーっとすごい、赤ちゃんの能力!!
エンパシー!!
だからね、お母さんが、笑ってると赤ちゃんも笑う。
お母さんが、辛そうだと、赤ちゃんも辛い。
お母さんが、嬉しいと、赤ちゃんも嬉しい。
そうなんだと思う。
だから、私は笑っていたい。
子供たち、周りの人に、笑顔は伝染するもんね。
病気を伝染さず、笑顔を伝染さなきゃね(笑)
ということで!!
今日は、これから面接デイです♬
まだ、眼、腫れてるけど、顔晴って、笑顔でいきまっしょ〜〜♬